目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

炎のぬくぬくどり

ねね

[ねね]

キャラID
: TJ242-076
種 族
: 人間
性 別
: 女
職 業
: 戦士
レベル
: 99

ライブカメラ画像

2D動画3D動画静止画

3D動画利用にあたってのご注意

{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ entryTitle }}  {{ charaName }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ charaName }}

ねねの冒険日誌

2017-09-10 08:17:03.0 2017-09-10 08:22:34.0テーマ:その他

蜘蛛の糸

名作読書会2


芥川龍之介の掌編にして名作。
ストーリーは、仏教的な因果応報のお話ですが、ちょっと納得行かないトコも?

お釈迦様は、助けるときに『蜘蛛の糸』の由来をカンダタにお話しされてますねね(ここ大事ねね)。

細く切れそうな蜘蛛の糸にすがる主人公・カンダタが、後からわらわらと登ってくる他の亡者に「この糸は俺のものだ!勝手に登るんじゃない!!」と言うのは、正当なのでは?

『カルネアデスの舟板』のような緊急避難(自分の安全を確保するために、他者を危険に晒すことは、法的に認められる)の考え方も適用されそうですねね(*´з`)


ドラクエファンにお馴染みのカンダタは、この『蜘蛛の糸』の主人公・泥棒の名前から取っているのは、ご存じですよねね?

ねね版の主人公のシラナミという名前も、泥棒を意味しているんですよねね。
例えば、歌舞伎で、泥棒を主人公にした演目を『白波もの』と呼んだりしますねね~

さて、本編ですねね(/ω\)






その日、神様はいたく暇でありました。

暇つぶしに、雲の隙間から下界を見下ろすと、昔ブイブイ言わせた勝ち組実業家が、変わり果てた姿で苦しんでいるではありませんか。





神様は、その男が、人知れず善行をほどこしていたことをご存知でありました。
それは・・・・・・・・






シラナミ
「さぁ、今のうちに渡れよ。
 ・・・・・・・・勝ち組のこんな姿、人に見せられないなぁ」


この善行を覚えていた神様はシラナミを助けようと、雲の上から、下界に手延べそうめん『揖保乃糸』をそっと垂らすのでした。

神様
「さぁ、今のうちに、これにつかまって登って来なさい
 ・・・・・・・・ああ、また人知れず良いことをしてしまった」







揖保乃糸を見つけて、さっそく登ろうとするシラナミや、じめじめバブルたち。
しかし、なんと手足が無いので、揖保乃糸につかまることができません!


神様
「そうめんでは細すぎたのですね。この次は、冷や麦を垂らしてみましょう」

よくわかっていない神様でありました。



Special Thanks
おはぎ様  シラナミ
あおば様 神様
いいね! 124 件

ログインしていないため、コメントを書くことはできません。


戻る

ページトップへもどる