目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

ライブカメラ画像

2D動画3D動画静止画

3D動画利用にあたってのご注意

{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ entryTitle }}  {{ charaName }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ charaName }}

トピックス

mixiチェック

開発・運営だより -第4号- (2013/1/23)


リアル世間一般と同じように、ドラゴンクエストX周辺も年末から『クリスマスイベント』、『ジャンプフェスタ2013でのリアルイベント』、『バージョン1.2の公開』、『年末年始のカウントダウン』、そして見事に全種討伐で幕を閉じた『巳年記念討伐イベント』と、イベント盛りだくさんで進行してきました。

そんな色々あった年末年始、アストルティアを旅する冒険者の皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

こんにちは、ドラゴンクエストX ディレクターの藤澤です。

「年始のご挨拶もかねて」と言っていた開発・運営だよりの第4号ですが、かなり遅くなってしまってすみません。<(_ _)>
イベントが続いたことに加えて【バージョン1.3】の準備作業もかなりのボリュームで、個人的にはこの一週間ほど体調を崩してしまったりなど、色々と重なってしまいました。

ですが、ようやく落ち着いてきましたので、改めまして。

アストルティアを旅する冒険者の皆さま、昨年中はたいへんお世話になりました。
今年も皆さんに楽しんでいただけるアストルティアの創造のために、スタッフ一同、ますますがんばってまいりますので、本年も何とぞよろしくお願いいたします。

さて、今回の開発・運営だよりですが、昨年の年末の『ジャンプフェスタ2013』の映像配信でお送りした『ふじさんぽ』というコーナーのご報告と、年始らしくドラゴンクエストXに今年一年内に起こるであろうことの展望を、主要スタッフから簡単にコメントしたいと思います。
何か書くと毎回長文になる自分にしては珍しく、今回はちょっと短めです(笑)。

では、よろしくお願いします。

 『ふじさんぽ』のご報告

昨年の年末、『ジャンプフェスタ2013』開催中に映像配信をご覧になっていただけた方はご存じと思いますが、その中で『ふじさんぽ』というコーナーをお送りしました。

ちなみに、どういうわけか映像配信のコーナーは、大抵何をやるかが当日決まるというアバウトさで、見ている方からすると何が起こるかわからない面白さがあると思います(笑)。
見たことがない方は、また今後もやっていくと思いますので、次の機会からでも、ぜひご覧いただけたらと思います。

で、『ふじさんぽ』ですが、「アストルティアでなにかやって」という宣伝担当のムチャ振りから、タイトルも宣伝担当が当日につけた番組です。
プロデューサーの齊藤陽介と相談し、“ふたりのキャラでアストルティアの各地を回ってみんなで写真を撮る”という、急きょ考えたにしてはなかなかそれっぽい企画として話がまとまりました。
その時に撮った写真にテキストを加えて、こんな写真になりました、というご報告をしたいと思います。

では、さっそくの1枚目。
こちらは、ガタラ展望台です。
中央辺りにいるサンタ服の目つきの悪いプクリポが自分のキャラの「ふじくす」です。(なお、イベント用のキャラですので、本当にプレイしている時のキャラはこいつではありません(笑)。念のため)
相棒の齊藤陽介のキャラ「よーすぴ」は、人混みに紛れてさっそく写ってないので後ほどご紹介します。

写真では、ちょうど後ろの空に虹が出ています。ガタラの展望台は、ある条件を満たすとこんな風景も見れたりするキレイな所です。どこだかわからないという方もたまにいますが、ぜひ岳都ガタラで地図を開いて探してみてください。

1枚目からさっそく集まってきてくれた皆さん、ご協力ありがとうございました!

では、次の1枚へ。
港町ジュレットへとやってきました。
イベント会場の通信環境の問題で「よーすぴ」は落ちたのでここでも写っておらず(笑)、その場で決めポーズ左をキメていたエルフ女子さんとサンタプクさんと記念写真を撮りました。

ちなみに、【バージョン1.1】の時のTGSイベントで同じように突発的に生まれたのが、『Liveアストルティア』という地味な修正点を皆さんに紹介するコーナーでした。
『Liveアストルティア』はご覧いただいた皆さんから不思議と好評をいただきまして、今回の【バージョン1.2】でまさかの第2回の実現に至り、すっかり長寿番組となりました。
今回の『ふじさんぽ』では、その『Liveアストルティア バージョン1.2』で紹介した地味な修正点が入る場所を主に巡りました。

ここでは、【バージョン1.2】からジュレットの酒場の上の段差から飛び降りられるようになるので、まだ飛び降りられない段差で記念写真を撮りました。

では、次の1枚へ。
こちらもジュレットから。

落ちていた「よーすぴ」が合流。
ふじくすの隣にいる紫毛のメガネプクリポが、齊藤陽介のキャラ「よーすぴ」です。(こちらも本当のプレイキャラではありませんので、念のため)

ふじくすが目をつむってしまってる辺りが、逆に記念写真っぽいですね(笑)。


こちらはドルワーム王国、ラクダ前です。

この頃から、配信を見てくれている方が一瞬で大勢集まるようになったので、来るのにちょっと手間がかかりそうなところをあえて選ばせてもらいましたが、それでもすぐに大勢集まってくれました。

「ドルワームには何度も行ってるけど、ラクダってどこ?」という声も何度か聞きましたね。
知らない方はぜひ探してみてください。あと、カミハルムイの馬とか。


こちらは、メギストリスの都、今ではドレスアップ屋として生まれ変わった旧防具屋の前での記念写真。
この頃は、ちょうどクリスマスイベントが絶賛開催中だったので、多くの人がサンタルックで世界中を闊歩していました。

さすがにメギストリスだけあって、プクリポが多かったですね。
自分の左にいるみかわしプクさん、デーモンスピア刺さっちゃってごめんなさい。即死はいらなくてよかったです。
左上のスライムベストレイのプクさん、ナイスジャンプでした。


こちらは、カミハルムイ北の宿屋での1枚。

【バージョン1.0】の時代、ピンクモーモン狩りが流行した際にかなり儲かった宿屋のフウキさんは、【バージョン1.2】で座布団を買いました。
なので、今では見ることができない、座布団を買う前のフウキさんの前でパシャリ。

儲かってもすぐには使わないフウキさんは、なかなか慎重派ですが、フウキさんより周りのプレイヤーさんがやけに気になる1枚になりました。
よーすぴが、ふじくすにかぶってます。


またよーすぴが、ふじくすにかぶってます(笑)。

グレン城下町はいつも盛況なので、少し趣向を変えてフィールドで記念撮影をしました。
生放送なので、操作している自分たちは、実際にどういう映像が配信されているか実はよくわかっていなかったりするんですが、自分の説明が良くなかったのか、しばらく誰も外に来てくれない時間がありました。

「あれ、みんな飽きちゃったのかな……」と軽く不安になった頃、大勢の冒険者がどっと押し寄せてきてくれて、他の学校に転任する先生を引き止めに来る生徒一同といった趣で、昭和ドラマのような感動的な光景が繰り広げられました。


「次はどこに来るか!」という皆さんの読みが冴えに冴えていたので、意表を突く意味で、まさかのもう一度ガタラ、という作戦に出ました(笑)。それでもすぐに大勢集まってくれました。

今度はガラクタ城の前で、パシャリ。
チームエンブレム、しっかり写りましたね!


続いては、ガートラント城の城下町の通路にて、女子に囲まれながらサイクロンダンスをキメた1枚。(そんな風に見えますが、本当はやってません。一番前のプクリポは爆笑王なのかな?)

たった30分のコーナーだったのですが、この頃には、アストルティアの時間はすっかり夜になってしまいました。


と、駆け足ではありましたが、こちらが最後の1枚です。

現在のアクセサリー合成屋がオープンする前のアクセサリー屋さんの店内で、まほうのよろいのオーガが決めポーズ後ろをキメてくれた写真です。

どうでしょう。実際に参加してくださった方は、ご自分が写っている写真はあったでしょうか。
イベントのためにご協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
ものすごい急ピッチで進行したコーナーだったので、会いにきてくれたけど会えなかった方には、どうもすいませんでした。
ぜひまた、次の機会にでもお会いできたら嬉しいです。

とはいえ、やってるこちらとしてもなかなか楽しくはあったんですが、色々と無計画っぷりが露呈するばかりだったので、きっとこのコーナーの第2回はないんじゃないかって気がします(笑)。

 おわりに 

そんなわけで今回は短めですが、最後にこの1年間でドラゴンクエストXに起こる大きな展望について、主要スタッフから、それぞれ簡単にコメントを載せておきたいと思います。

はじめに少し言葉の整理ですが、現在進行中の【バージョン1.x】というバージョン全体のことを、“ 1st ”という呼び方をします。同じ調子で【バージョン2.x】のことは“ 2nd ”と呼びます。

その上で、まずは現在絶賛進行中の1stの今後の大型アップデートについて、自分から。

開発は現在、【バージョン1.3】の対応を厚めに、【バージョン1.4】以降の準備も順次進行中という状況です。

【バージョン1.3】は、基本的には前回の開発・運営だよりで公開した「中長期的展望」の内容をベースとして、2月末~3月序盤辺りのリリースを目指しています。
実装予定の項目はほぼ出そろった状態で、あとはその予定項目をなるべく漏らさず実装できるように各スタッフで取り組んでいます。
内容について簡単に説明をすると……、すでに公開済みの下地となるシステム(住宅村や魔法の迷宮などですね)に、様々なデータが追加されていき、完成度が高まるバージョンという位置付けになります。もちろん、“毎日やれる”まったく新規のシステムも追加になります。詳細がお話しできるまで、もうしばらくお待ちください。

【バージョン1.4】は、このバージョンから本格的に始まる“神話篇”の準備がかなり進んでいますので、こちらはぜひご期待してお待ちいただければと思います!

(藤澤)


では続いて、今年の春ごろに皆さんの所へお届けできるように現在絶賛開発中のWiiU版の開発進行状況について、テクニカルディレクターの青山から。

いつもドラゴンクエストXをプレイしてくださりありがとうございます。
最近は休みも取れるようになってきました(笑)、テクニカルディレクターの青山です。
私からはWiiU版の開発進行状況について、簡単にご紹介させていただきますね。

まずゲーム発売までの流れを大ざっぱに書きますと、

企画 → 開発 → 検証 → 発売

となるのですが、WiiU版ドラゴンクエストXは「開発」までがほぼ完了しています。
現在は「検証」を本格的に開始して、日々発見される不具合を取り除いているところです。

WiiU版の画面は本当にキレイで、音もグッと良くなっています。
皆さんにも実際にプレイしてその良さを感じていただきたいのですが、検証と不具合修正が完了するまで、もうしばらくお待ちください。

(青山)


青山さん、ありがとうございました。
WiiU版、自分も毎日見ていますが、本当にときめきます。ぜひ楽しみにお待ちください。

では最後に、今年の後半以降のお披露目を目指している“ 2nd ”の開発状況について、現在1stのチーフプランナーで2ndのディレクターを務める「りっきー」こと、齋藤 力から。

ご紹介にあずかりました、齋藤 力です。
「目覚めし冒険者の広場」では、「りっきーCP」として時々おじゃましております。

2ndの現在の開発状況としては、皆さんの新しい冒険の舞台となる「レンダーシア大陸」がけっこう出来上がってきていて、これから、その上に「遊びの部分」をどんどん載せていきつつ、見た目を磨きこんでいこうというプロセスに入ってきています。
また、2ndから登場する予定の「カジノ」や、「追加される新職業」のシステムなども少しずつ形になってきており、僕自身もワクワクしながら日々開発を進めております。

皆さんにお届けするには、まだお時間をいただかないといけませんが、2ndを1日でも早くみなさんにお届けすべく、スタッフ一同がんばっておりますので、是非、楽しみにお待ちいただければと思います。

(りっきー)


りっきー、ありがとうございました。
2ndからは、新たなスタッフも迎えつつ展開していくことになるわけですが、これからもどんどん広がっていくアストルティアの展望を、自分もドキドキしながら見守っていますよ!

と、そんなところで、今回の開発運営だよりも、そろそろおしまいにします。

また次回の『開発・運営だより』でお会いしましょう。
次こそ一ヶ月以内に書きます、と公約を残しつつ(汗)。

では、今後もドラゴンクエストXをよろしくお願いします。

2013/1/23 ドラゴンクエストX ディレクター 藤澤




バックナンバー
開発・運営だより -第1号-「メンテナンスについて」
開発・運営だより -第2号-「サポートスタッフのお仕事」
開発・運営だより -第3号-「ドラゴンクエストXの中長期的な展望について」

戻る

ページトップへもどる