目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

キメキメハッパ

キノット

[キノット]

キャラID
: PF413-131
種 族
: オーガ
性 別
: 女
職 業
: 戦士
レベル
: 110

ライブカメラ画像

2D動画 静止画

写真コンテスト

{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 

キノットの冒険日誌

2019/03/17 17:59 (2019/03/17 18:54 更新)テーマ:ハウジング

グルメレポ 卍卍卍ラーの麺卍卍卍 ジュレット白亜店

俺の名はジョー。
流れのラーメン系ブロガーだ。
今日はジュレット白亜の迷店、卍卍卍ラーの麺卍卍卍に来てみたぜ。

店名:卍卍卍ラーの麺卍卍卍
住所:ジュレット白亜67-7
アクセス:ジュレット駅白亜桟橋から徒歩3分

先ずは外観…
至って地味な民家風で、ラーメン屋って感じはしねェ。
カミハとメギの紋章が点滅する看板が目印だ。
店主が言うには、国に特に思い入れはねェが重ねた時に綺麗だったからだそうだぜ。


じゃ、中に入るぜ。

おっと、意外と繁盛してるねェ。ギリギリ座れたぜ。
入店と同時に店員が一斉に掛け声をかけるこの感じ。
いいねェ、テンション上がるぜ。
約一名、挨拶しなかったのは新人バイトか?
俺はそういう所は見逃さねェ。減点1だ。

カウンタに7席のみ。こじンまりとした硬派な作りだな。
メニューは…どれどれ、「当店の丼はお客様の心を写す鏡です」
なんだこりゃ。自分じゃ選べねェってのかい。
ラーの麺てのはそういうことか。

…よく見りゃ周りの連中の丼、なかなかエグい事になってるぜ。


端にいるのはポンコツ城主だな。
丼の中身は…ゼンマイにしちゃヤケにデケェな、気味悪いぜ。
いくらポンコツ好きでも、流石にこンなモンを腹に入れるのは覚悟が要るよなァ。

手前の姉ちゃン、いきなりぶっ潰れてやがる。
ゲロ吐くなら便所でやりな…って血ィ吐いてるじゃねェか!
おいおい、大丈夫なのかよ。
原因は…どう見てもこの丼だわな。
明らかに異臭を放ってるぜ…

連れのオカッパもドン引きしてねェで、とっとと救急車呼んでやンなよ。
まぁ、あンたの丼も大概だがな。

その隣はアベックか…
興味本位でこんな店に来るンじゃねェよ。
ボインちゃん、トッピングするのもほどほどにな?
魔塔みたいになっちまって、彼氏さんフリーズしちまってるぜ。

奥に居るのは冥王か?
一杯やってるようだが箸は進んでねェようだ。
さしもの冥王も、魔界のアスパラを前にしばし長考の構えってとこか。

奥は厨房か。
料理に反して意外と普通な作りだが…
そこに居るのは頑なに挨拶しやがらねェ新人バイトだな。
だがカジキを捌く腕は見事なもんだ。
ラーメンにカジキが要るのかは別としてな。

奥のはスープ係か?
鍋だかツボだか知らねェが、明らかにやべェ色を放ってるぜ…
何か出てきてるし、見なかったことにするか。
あんまり覗き込むのも店に悪ィしな。

さァて、自分の丼が来るのが怖くなってきたぜ。
完食するまで帰らせてもらえねェらしいしな。
今のうちに逃げとくか…ってあのお嬢ちゃん、まさか完食したってのか!?
マジか…何者だ?

おっとグズグズしてたら俺の丼が来ちまったぜ。
しょうがねェ、覚悟決めるか。


生きてたらまた会おうぜ。
じゃあな!
いいね! 40 件

ログインしていないため、コメントを書くことはできません。


戻る

ページトップへもどる