目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

ライブカメラ画像

2D動画3D動画静止画

3D動画利用にあたってのご注意

{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ entryTitle }}  {{ charaName }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ charaName }}

トピックス

mixiチェック

大型アップデート情報 バージョン1.3 (2013/2/21)


ドラゴンクエストX ディレクターの藤澤です。

早いもので、アストルティア最大の“お祭り”「大型アップデート」の時期がまたもやってきました。

すでに “速報” にて一部公開済みですが、3月5日(火)の始動を予定しているドラゴンクエストX、大型アップデート第3弾【バージョン1.3】の詳細情報をお伝えいたします!!

さて、今回も渾身の予告映像をご用意しました。
本文をお読みいただく前に、環境の許す方は、まずはこちらの予告映像からご覧いただければと思います。

【バージョン1.3】予告映像はこちら!


今回の大型アップデートのサブタイトルは 『神話の王に震える花』 です。

このサブタイトルが表す物がなんなのかは、ぜひ実際に新しいバージョンの中で考察をしてもらえればと思います。
なお、ここに記載した追加内容や変更・修正点は、3月5日(火)に実施するバージョンアップメンテナンス終了後に適用となります。

もくじ

バトル系の追加・修正点

システム系の追加・修正点

町にある施設の追加・修正点

アイテム・職人の追加・修正点

目覚めし冒険者の広場の追加・修正点

修正した不具合


アップデート内容詳細

バトル系の追加・修正点

新職業、「賢者」・「バトルマスター」に転職できるようになります。

『賢者』
『バトルマスター』
指定のクエスト(ドルワーム水晶宮・受注可能レベルなし)をクリアする必要があります。 指定のクエスト(娯楽島ラッカラン・受注可能レベルなし)をクリアする必要があります。

お待たせしました!
DQシリーズではおなじみのスペシャリスト職業、「賢者」と「バトルマスター」の2職業が、DQXの世界にも加わります!
以上で前作DQIXに登場した職業はすべて登場ということになり、DQXの“1st”の範囲で予定していた職業は出揃いました。

なお、上記の職業イラストは将来的になれる職業イメージを含んでいるため、【バージョン1.3】では登場しない装備品がありますので、ご了承ください。


レベルの上限が60→65に解放されます。
・指定のクエスト(ツスクル平野・受注可能レベル59)をクリアする必要があります。

過去2回の大型アップデートと同様に、今回もレベル上限を 5上げました。
レベル上限は上がりますが、ここを目標にしないとゲームが楽しめないというようなものではないので、ゆっくり遊びたい人や始めたばかりの人は、あまり気にせずに自分のペースで遊んでいただければと思います。



複数の「転生モンスター」を追加しました。

今回も、ぜひ皆さんで新しい転生モンスターをお探し下さい!



新たな「強モード」のボスにチャレンジできるようになります。

新たな強モードボスは、中レベル帯エリア(風の町アズラン・グレン城下町・岳都ガタラ・ジュレットの町・オルフェアの町)シナリオボスの「強モード」です。

こちらはかなり上級者向けのコンテンツとなります。
ウデに自信のある冒険者は、ぜひ挑戦してみてください。



一部のモンスターが落とすアイテムを変更しました。また、アイテムの入手率も調整しました。

モンスターの配置、出現数、行動パターン、獲得経験値などを調整しました。

低レベル帯の難易度を全体的に下げています。
また、クエストのボスは全体的に経験値を増やし、魔法の迷宮のボスは他のボスとのバランスをとって経験値を少し減らしています。



「戦士の証」の発動率を向上させました。

発動率を、およそ2倍にしています。



特技に対して以下の修正を実施しました。
≪両手剣スキル≫
渾身斬りダメージ倍率を向上させました。
≪ムチスキル≫
らせん打ち追加効果の発動率を向上させました。
しばり打ち追加効果の発動率を向上させました。
≪きょくげいスキル≫
ボケ発動時間を短縮させました。
会心率を向上させました。
「ボケ」実行後のキャラクターに「ツッコミ」をすることで、再度笑わせ判定がされるようになりました。
ツッコミかいしんの「ツッコミ」がでるようになりました。

かいしん時は、ハリセンでツッコミます!



モンスターが使用するマホステの効果を変更しました。
≪補助呪文≫
マホステ【変更前】効果時間中、呪文無効
【変更後】効果時間中、一度だけ呪文無効

格闘の特技実行時に、ウデに付いている錬金効果が発動するようになりました。

範囲内の対象に複数回攻撃する特技(バーニングバード、さみだれうち、キラージャグリング)で、対象が途中で倒された際に、以降の攻撃が他モンスターを対象とするようになりました。

「MP消費しない率」の錬金効果が発動した際にメッセージが表示されるようになりました。


幻惑状態や錬金効果「攻撃時○%でミス」の状況でも、会心の一撃はミスしないようになりました。

一部の特技使用時に、追加HP回復、追加MP回復の効果が発動されるようになりました。

「じゅもん」「とくぎ」をひとつも習得していない場合、対象バトルコマンドがグレーになり選択できないようになりました。


サポート仲間のAI行動を調整しました。

必殺技も使用するようになります!
ただし、職業によっては、必殺技を使うことで危険を招く可能性があるため、必殺技を使用しないものもあります。



オカルトメガネ装備時、これまで「しらべる」ことができなかったゴースト系モンスターを、「しらべる」ことができるようになりました。

状態異常で表示されるアイコンの種類を追加しました。

駅で売っている特産品使用時などの、食事効果を示すアイコンが増えています。



バトルマスターの二刀流に対応して、メニュー内の「こうげき力」を「こうげき力・右」「こうげき力・左」としました。

「こうげき力・右」は、従来通りのこうげき力と同じです。
「こうげき力・左」は、「ちから」×50% + 武器のこうげき力となります。



アタマ、ウデ、足装備の「使い込み度」が上がりやすくなりました。

「すばやさ」の身かわし確率への影響が大きくなりました。



システム系の追加・修正点

「日替わり討伐クエスト」が受けられるようになりました。
・大きめの町の出入り口付近に配備された「討伐隊員」から、1日1回限定で特別なクエストを受けられます。
・報酬として、追加経験値がもらえます。
・複数回クリアすると、「ふくびきけん」などのボーナス報酬をもらえることもあります。


「モンスター討伐隊(100匹討伐)」で、200匹討伐達成時にも「ちいさなメダル」がもらえるようになりました。

「せんれき」内に表示されるアイコンも、200匹討伐に対応した物に変更しています。



「つかうもの」の最大所持数が、30個から40個になります。
・指定のクエスト(ジュレットの町・受注可能レベル46・名声レベル15)をクリアする必要があります。

こちらは、DQXとしては初の、受注条件に一定以上の名声レベルが必要なクエストになります。名声レベルが足りない人は、クエストをこなすなどして名声レベルも上げてチャレンジしてください。



新しい「クエスト」を多数追加しました。

今回も、正統派から変わり種まで、様々なクエストを追加しています。

【バージョン1.4】から本格的に始まる「神話篇」の予兆となるクエストも多数追加されています。
これらのクエストも「今しかできない」期間限定クエストなので、アストルティアに訪れる“本当の恐怖”の予兆を、ぜひ体験してください。



クエスト「冒険者の酒場へようこそ!」の内容を一部変更しました。

クリアのために必要なアイテムの入手を、決められた場所での購入から、バザーで購入してもよいように変更しました。



下記のクエストの受注可能レベルを変更しました。
クエスト名受注可能レベル
「ビッグホルンの復活」レベル 32 → 30
「旅の終わりと記憶の石」レベル 25 → 24
「そうびぶくろ超整理術」レベル 35 → 34
「闘神ラダ・ガートの誓い」レベル 40 → 38
「ママと私の魔法仕立て術!」レベル 33 → 32

下記のクエストは、クエストリストからでなくても、依頼者のキャラに話すだけで「リプレイ可能」に変更できるようになりました。
クエスト名
・「想いを花に込めて」・「薬草戦士と豊かな土」
・「流れ着いた愛の詩」・「枯れないジジイの大仕掛け」
・「魔法のオーブン」・「目指せ! ステキなオネエ」
・「コックはいつも大忙し」・「オーマイドリーム!」
・「憎らしいヨメ」・「まことの美を求めて」
・「謎の半球体」 

クエストのリプレイ時に得られる名声値や報酬を全体的に変更しました。

全体的に、ゴールド稼ぎになりやすい、よい報酬に変更しています。
まだクエストをクリアしていない友達がいたら、ぜひ手伝ってあげてください。



「魔法の迷宮」に到着時、各プレイヤーのフリーコメントが表示されるようになりました。


「魔法の迷宮」に到着時、パーティーリーダーになるとドラキーが教えてくれるようになりました。


「魔法の迷宮」に、『チャレンジフロア』と『ラッキーフロア』が追加されました。

『チャレンジフロア』は、「呪文禁止」などの制限がつきますが、階クリア時の宝箱の中身がよくなります。
『ラッキーフロア』は、その階限定で「会心確率10倍」などの有利な効果が発生します。



「魔法の迷宮」に、新しいボス「ベリアル」を追加しました。
・ベリアルと戦うために必要なアイテム「ベリアルのコイン」は、旅のコンシェルジュのふくびきで入手できます。

「魔法の迷宮」にも、転生モンスターが出現するようになりました。

「魔法の迷宮」でボス討伐後、扉から「続ける」を選択した際、選択したことが他のプレイヤーに見えるようになりました。また、「続ける」を選択した後にキャンセルが可能になりました。


「魔法の迷宮」のオートマッチングの際の職業やレベル差のバランスを調整しました。

【バージョン1.2】よりも、パーティー内のレベル差がつかないように調整しています。



「魔法の迷宮」のオートマッチングの際、サポート仲間しか集まらなかった場合には、マッチング時間を延長できるようになりました。

「魔法の迷宮」で、自分以外サポート仲間だけのパーティーの場合には、まほうのカギを使って途中離脱しても再突入時間のペナルティがつかなくなりました。

「魔法の迷宮」の隠し階に出現するメタルスライムなどのレアモンスターの一度の登場数を増やし、かつ逃げにくくしました。

「せんれき」のTOP画面、「日替わり討伐クエストクリア回数」や「討伐隊からメダルをもらった回数」、「魔法の迷宮クリア回数」を追加しました。「習得済みのレシピ数」を削除しました。


「いまどんな?設定」にて、「フレンド募集中」「なんでも聞いて」が選べるようになりました。

「なんでも聞いて」を付けられるようになるためには、「マイスター認定クエスト」という、熟練冒険者だけが受けられる特別なクエストをクリアする必要があります。



「自動さつえい設定」にて、ボスの種類(シナリオ・クエスト・魔法の迷宮)ごとに自動撮影(する/しない)が設定できるようになりました。

HP/MP回復系や蘇生系の呪文、アイテムを使用した際の対象選択リストに、職業名を表示するようにしました。


サポート仲間の「さくせんがえ」でキャラクター名の横に職業が表示されるようになりました。


ログイン非通知設定中は、フレンド・チームメンバーにチャットを送信できなくなりました。

チャットが一方通行になってしまうことから誤解を招きやすく、以前から提案広場にて対応を求められていた件です。



装備品の「使い込み度」が上がった時、ログに表示されるメッセージを変更しました。


チームのメンバーに、「サブリーダー」という役割を設定できるようになります。
・サブリーダーにできることは下記の通りです。
【サブリーダーにできること】 ・チームへの勧誘
 ・エンブレムデザインやスローガンの変更
 ・他メンバーのサブリーダー任命
※サブリーダーの人数に上限はありません。
※サブリーダー設定を外せるのは、リーダーのみです。

コミュニケーションウィンドウの【チーム】タブでは、チームリーダー・サブリーダーアイコンが表示されるようになります。
※パーティーリーダー・ストーリーリーダーアイコンは表示されなくなります。


チームリーダーの交代依頼は、相手プレイヤーの承認が必要なくなりました。

チームリーダーがチームから抜けた場合、別のメンバーが自動的にチームリーダーになるようにしました。
※基本的には、サブリーダーの中から選ばれます。


チームに所属していると、チーム購買部で以下のアイテムを購入できるようになります。
アイテム名説明
おにごっこキャップ「いいね!」をされると色が変わる帽子
○分キャンドルアイテム名の時間のタイマーとして機能し、同一マップにいるチームメンバーに残り時間がドラキーで表示されるようになります。


「困ったときは?」からのお問い合わせに対してサポートスタッフが返信した場合、ゲーム内でドラキーがお知らせしてくれるようになりました。

プレイヤー作成時に詳しい説明を追加しました。

死亡中(非戦闘時)にも、マップが表示できるようになりました。


各職業でクエストの報酬で必殺技を覚えた時に、その必殺技の効果が説明されるようになりました。



町にある施設の追加・修正点

「カラーリング屋」がオープンします。
・メギストリス(ドレスアップ屋と同じ建物)にあります。
・「アタマ」、「からだ上」、「からだ下」、「ウデ」、「足」と、一部の「顔アクセサリー」の色を変更できます。
※カラーリングを行うには、ゴールドと染料となる花が必要となります。
※花は住宅村の畑で栽培したり、ふくびきの景品として入手できます。

【バージョン1.2】のドレスアップに続いて、キャラ個性化機能の第2弾になります。
ドレスアップと合わせて、ぜひ自分だけの個性的なオシャレをお楽しみください!



「アズラン温泉」がオープンします。
・指定のクエスト(風の町アズラン・受注レベル22)をクリアする必要があります。


「酒場」でフレンドやチームメンバーを仲間にする場合の紹介料が安くなりました。
・フレンドは無料に。チームメンバーは半額になります。


「酒場」でサポート仲間として借りられた際、通常は同時に3人までしか借りられませんが、フレンドの場合は別に3人まで借りられるようになりました。

「酒場」でサポート仲間として借りられた際に得られる経験値の計算方式が変更になりました。

これまでは複数の人からサポート仲間として借りられても、得られる経験値はもっとも稼いでくれた一人の経験値が計算のベースとなっていました。
これだと「魔法の迷宮」などで、こまめに借りられても得られる経験値が増えづらいため、得られる経験値の計算のベースを、借りられた際に得たすべての経験値の合計に変更しました。
ベースとなる経験値が増える分、実際に得られる経験値の補正部分も変更していますが、“借りられれば借りられるほど経験値を得られるようになる”という仕様となります。



「酒場」で「自分をとうろく」する際に入力する「ひとことコメント」が、職業ごとに異なるメッセージが保存されるようになりました。
※仕様変更に伴い、酒場に再度「自分をとうろく」し直すまではコメントが空白になっています。ご注意ください。(2013/3/5追記)


「酒場」で「自分をとうろく」する際、「ひとことコメント」と「紹介してもいい人」の項目がまとめて入力できるようになりました。


「旅人バザー」の検索結果が、リストを100件ずつ、最大9999件まで表示されるようになりました。


「旅人バザー」の検索結果のうち、すでに覚えている「レシピ」と「しぐさ書」はグレー表示されるようになりました。
※購入することは可能です。


「旅のコンシェルジュ」の新サービスとして「クエスト案内を見る」が追加されました。

まだ受注していないクエストを紹介してくれるので、何か冒険できることを探したい時などに、ぜひご活用ください。



「旅のコンシェルジュ」で、「小元気玉」(元気チャージ11時間)・「超元気玉」(元気チャージ88時間)が交換できるようになりました。


「旅のコンシェルジュ」で、ダブルすれちがいのポイント上限が40Pから50Pに引き上げられました。

景品も増えています!



「旅のコンシェルジュ」で、「ふくびき」の賞品が大陸ごとに違う物になりました。

エルトナ大陸、ウェナ諸島、オーグリード大陸、プクランド大陸、ドワチャッカ大陸、レンダーシア(レンドア・ラッカラン)の6種類になります。



「ドレスアップ屋」の料金を半額にしました。

ご要望が多かったことを受けて、ドレスアップ屋の料金を大幅に値下げしました。
この他にも、無料券配布などのサービスも予定していますので、まだドレスアップをしたことがない人も、ぜひこの機会にお試しください。



「美容院」で、髪型の変更ができるようになりました。

量はあまり多くありませんが、各種族、性別ごとに少しずつ新しい髪型を追加しています。
新しい髪型は、今後も追加していく予定です。



「郵便局」で送れる「手紙」の送料が無料になりました。
※荷物の値段は変わりません。引き続き1種類10ゴールドです。


武器鍛冶・道具鍛冶・防具鍛冶で表示される各ゲージのサイズを見やすく調整しました。
(2013/3/4追記)


「ちいさなメダル」の交換リストが、カテゴリー分けされました。



「ちいさなメダル」で装備品と交換する際、現在のレベルや職業で装備できないものの場合は確認のメッセージが出るようになりました。

「ちいさなメダル」の交換アイテムを多数追加しました。
カテゴリーアイテム名必要メダル数
そうびひん地中ゴーグル10
しぐさ書しぐさ書「ナイス」10
レシピ帳メタスラの剣のレシピ40
メタスラの大剣の本40
ファルコンダガーの本40
メタスラのやりのレシピ40
はしゃのオノの書40
ゴードンヘッドの叫び40
ファルコンクローの本40
サーペントウィップの本40
メタルウィング作成法40
あくまのタクトの秘密40
けんじゃの杖の作り方40
なげきのこんの作り方40
天下泰平の書40
バジリスクの石版40
メタスラの盾のレシピ40
聖騎士の大盾のレシピ40
ゴシック防具カタログ40
師団長の七つの教訓40
月のローブの秘密40
拳聖の道着作成法40
原始獣のコート作成法40
モダンバニーの秘密日記40

「地中ゴーグル」は、提案広場などで要望が多かった、地中に潜んでいるモンスター(マドハンドなど)の姿が見えるようになる顔アクセサリーです。



ガートラント城1Fの炎の間に、転職のための神官キャラが追加されました。


「住宅村」にて、Mサイズの土地の販売を開始します。
・Sサイズの土地の時と同様に、値下げ方式での販売となります。

【初期値】 250万ゴールド
【1回の値下げ額】 2万5000ゴールド
【値下げ頻度】 1日4回(午前3時、午前9時、午後3時、午後9時)
【最安値】 24日後に10万ゴールド
※サイズに関わらず1キャラクターで持つことができる家は一つです。
※Mサイズの土地に建てられる家キットはMサイズの家キットのみです。

(2013/2/22追記)
Mサイズの土地には、大きめのMサイズ専用の家を建てられます。Mサイズの土地に、Sサイズの家は建てられません。
Mサイズの家の収納品の数や家具を置ける数などは、Sサイズの家と同じです。

また、現在Mサイズの土地の看板に50万ゴールドと値段の表記があるのは、本来「未定」とするはずの所にSサイズの土地の値段が表示されている不具合となります。勘違いを招いてしまい、大変申し訳ありません。



「住宅村」のSサイズの家に、「ツリーハウス」を追加しました。


Sサイズの家に配置できる家具の数が、50→100に増えました。

「住宅村」でウェルカムハウス設定をする際に「インテリアじまん・かわいい系」「モーモンバザー・武器鍛冶商品」など、ラベルを設定することができるようになりました。

上記の変更に伴い、【バージョン1.3】開始時にウェルカムハウス設定は一度「なし」になりますので、再設定をお願いします。

また、「誰かの家へ」は「他の人の家へ」というコマンドに変わり、看板からではなく扉メニューから選択できるようになります。
こちらのコマンドからウェルカムハウスに移動する際に、どんな家に行きたいかのラベルを選ぶことができます。



「住宅村」の庭に、「庭具」を設置できるようになりました。

「庭具」はすべて新規アイテムです。
家の中に置ける「家具」と共有できる物はありません。



「住宅村」の庭に「カカシつきの畑」を設置することで、花の栽培ができるようになりました。

「カカシつきの畑」は、住宅村エリアに新規に設置された「タネ屋」から購入できます。
畑は家1軒につき1つしか設置できないので、ご注意ください!

「花」を育てるには、タネを植えてから何日か世話をする必要があります。ちゃんと世話をしないと枯れてしまうこともあります。
他人の家の畑もお世話することができるので、ご近所の家の花が萎れていたら、水を上げてあげるのもいいかもしれません。
「花」は、新たに追加された「カラーリング屋」で装備品の色を変更する際の素材として使えます。



「住宅村」に、「タネ屋」と「素材屋」が新たに配置されました。

地域地区名種類
 ガタラ住宅村水没遺跡地区タネ屋
採掘現場地区素材屋
 アズラン住宅村おごそかな林道地区素材屋
静かなる湿原地区タネ屋
 グレン住宅村雪原地区素材屋
雲上地区タネ屋
 オルフェア住宅村マッシュルーム地区素材屋
フラワーガーデン地区タネ屋
 ジュレット住宅村白亜の臨海都市地区素材屋
未開のジャングル地区タネ屋

「住宅村」の「家具屋」の商品を変更しました。

これまで「家具屋」で売っていた柱や壁系の商品をカミハルムイの「家具屋」に移動し、代わりに新規の庭具を商品に加えました。



住宅村でも、タンスの開閉や本を読むモーションが、他プレイヤーからも見えるようになりました。

初心者プレイヤー向けに、一部のキャラのセリフを変更しました。

特に始めたばかりのプレイヤーが迷わないように、ガイドとなるテキストを充実させました。



ドルワーム王国に旅の扉が追加され、町中でのワープ移動が可能になりました。


王都カミハルムイ(北・南)に渡し船が追加され、町中でのワープ移動が可能になりました。



ガートラント城下町に旅の扉が追加され、町中でのワープ移動が可能になりました。


メギストリスの都に旅の扉が追加され、町中でのワープ移動が可能になりました。


ヴェリナード城下町に旅の扉が追加され、町中でのワープ移動が可能になりました。




アイテム・職人の追加・修正点

新たな装備品や家具、レシピを追加しました。



「枝」系の素材を、モンスターが落とすようにしました。

各職人のクエスト第3話(レベル31以上になるためのクエスト)でギルドマスターに要求されるアイテムを、できのよさ☆☆から☆に変更しました。
※現在、できのよさ☆をお持ちの方は、そちらを渡す(錬金効果をつける)ことでクエストをクリアすることができます。


一部のアイテムの下取り価格を変更しました。

「ムチ」の攻撃力を全体的に上げました。
アイテム名攻撃力
バトルリボン7 → 8
てつのムチ10 → 12
へびがわのムチ12 → 14
ローズウィップ15 → 17
モーニングスター17 → 20
はがねのムチ20 → 23
パイソンウィップ22 → 25
みわくのリボン25 → 29
ビーストウィップ27 → 31
サイドワインダー28 → 32
スコーピオンテイル31 → 36
バスターウィップ33 → 38
ドラゴンテイル35 → 40
あくまのムチ40 → 46
カルベロビュート42 → 48



目覚めし冒険者の広場追加・修正点

思い出アルバムの写真画質を調整し、よりキレイに撮影できるようになりました。

「自宅の場所」情報に土地サイズ、ウェルカムハウスの設定が表示されるようになりました。

マイページ「つよさ」に、職人情報が表示されるようになりました。

マイページの「あしあと伝言板」でコメント削除を行うときの挙動を変更しました。

チームページの「チームメンバー」欄に、サブリーダーのアイコンが表示されるようになりました。

旅のあしあとで、南北などエリアが分かれている場所に「はじめてはいった」場合の表記を統合しました。
 例:カミハルムイ北 カミハルムイ南 ⇒どちらに初めて入った場合も「カミハルムイ」と表示されます

マイページ「サポート仲間登録状況」にて、「今いっしょに冒険してる仲間」の表示をフレンドと一般とで分けて表示するようになりました。
 フレンド3名、一般3名、最大6名分を表示します。

【バージョン1.3】の内容に合わせて、プレイガイドを更新しました。

ゲームのログイン状況にあわせて、「いる場所」の表示/非表示をゲームの設定に合わせて表示するようになりました。
2013/2/22追記



修正した不具合

「はげしいおたけび」が「パラディンガード」で防げなかった

「ウェイトブレイク」で「ヘヴィチャージ」が解除されない場合があった

「MPパサー」で会心演出がでてしまっていた
※本来、「MPパサー」は会心効果は得られない設定になっています

戦闘から逃げた際に、「天使のまもり」が解除されていなかった

レンジャーの「おうえん」で「ひっさつチャージ」した際の有効時間が無制限になっていた

一部のモンスターのブレス攻撃が正しく判定されていなかった

ルーラストーンを使うと状態異常が切れなくなってしまうことがある

コロシアムに設定したルーラストーンが娯楽島ラッカランと同じ位置にルーラしてしまう

「だいじなもの」のソート状態が保存されていなかった

ドレスアップが冒険者の酒場のスナップショットに反映されていなかった

フィールド上のグラフィック表示や効果音の再生が正しく機能していない

契約したばかりのサポートなかまの契約が切れてしまう

一部の家具の当たり判定が正しく設定されていなかった

クレジットカード登録でのメールアドレス認証時、24時間は重複登録できない旨のエラーメッセージが正しく表示されていなかった



最後に

今回も長い「大型アップデート情報」を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

内容を見て感じていただけた方もいるかもしれませんが、3度目の大型アップデートとなる今回の【バージョン1.3】は、“すでに公開済みの様々な要素の完成度を高めるバージョン”と位置付けて開発を進めてきました。

“住宅村”や“魔法の迷宮”といったすでに公開済みの要素に、実際に遊んでいるプレイヤーの皆さんからいただいたたくさんのご意見を吸収させ、より楽しく、より遊び応えがある内容へと磨き上げました。
すでにやり込んでいる人にとっても、かなり歯応えのあるバージョンに仕上がったんじゃないかと思います。

また、Wii U 版の発売を3月末に控え、これから新たにドラゴンクエストXを始める人のために、“遊びやすさ”と“わかりやすさ”も徹底して向上させています。
発売当初から調整を繰り返してきたゲーム序盤は、遊びやすさ的にも、ゲームバランス的にも飛躍的によくなっているので、Wii U版の発売を待っていた方は、ぜひ安心してDQXの世界に入ってきていただければと思います!
すでに遊んでいる方も、改めて新鮮な気持ちでゲーム序盤を見ていただけると思うので、ぜひこの機会に2キャラ目デビューもお試しください。

さて、今回のバージョンで、改めて「ひとりで遊びたい人」、「みんなで遊びたい人」、どちらも楽しめるDQXとして、完成度は大きく高まったと思います。
アストルティアを旅する冒険者の皆さんが、この【バージョン1.3】で、まだ見たことのない新たな発見やたくさんの驚きに出会えることを祈りつつ。


それでは皆さん、素晴らしい旅を!

ドラゴンクエストX ディレクター 藤澤 仁


以前の大型アップデート情報
大型アップデート情報 バージョン1.1
大型アップデート情報 バージョン1.2

戻る

ページトップへもどる