目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

ライブカメラ画像

2D動画3D動画静止画

3D動画利用にあたってのご注意

{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ entryTitle }}  {{ charaName }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ charaName }}

トピックス

mixiチェック

開発・運営だより -第6号- (2013/3/21)


あー、もうすっかり春ですねー。

とはいえ、日によって初夏みたいだったり真冬みたいだったり気候が変わりやすいですが、そんな三寒四温の今日この頃、アストルティアを旅する冒険者の皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

こんにちは、ドラゴンクエストX ディレクターの藤澤です。

さて、【バージョン1.3】リリースから半月ほどが過ぎました。
ライブカメラ前は、毎日春らしく色とりどりのプレイヤーさんで賑わっていて、皆さんそれぞれに追加要素を楽しんでいただけているなーと感じます。

そんな中、仲間を組むためのチュートリアルの役割を期待していた、「マイタケ 男の進路相談」(風の町アズラン)、「職人さんに会いたい!」(岳都ガタラ)、「あこがれの称号さ見てえ!」(オルフェアの町)の3クエストが、予想外に多くの方に遊んでもらえているようで喜ばしい限りです。報酬もよかったですかね(笑)。
自分も人に助けてもらったり、たまには誰かの手助けをしたりしていますが、「レベル○○以上の○○○○の方いらっしゃいませんかー」と、プレイヤーさんが町中で交流している様子を見ているのは楽しいです。

このクエストは、開発内では「借り物クエスト」と呼ばれていて、全部で5本の作成を予定しています。
まだ実装されていない残り2本、ジュレットの町、グレン城下町の借り物クエストは、【バージョン1.4】でお披露目できればなと思っていますので、こちらもお待ちいただければと思います。

と、アストルティアの日々は充実していますが、今回は少しシリアスな、だけど大切な、そんな話を皆さんにしたいと思います。

第6回目となる今回のテーマは、『 不正アクセスについて 』です。

不正アクセスは、日本の法律に違反する犯罪行為です。
そして残念ながら、ドラゴンクエストXの世界にも、この不正アクセスの被害は存在しています。

不正アクセスとは?

そもそも『不正アクセス』とは。

意味としては、“正規のアクセス権を持たない人が、なんらかの方法によってアクセス手段を入手し、不正にサービスを利用すること”です。

ドラゴンクエストXの場合に置き換えると、“本人以外のアカウントにログインして、キャラクターの持つゴールドやアイテムを他のプレイヤーに渡してしまうこと”です。

この被害にあってしまうと、最悪はキャラクターそのものが削除されてしまいます。
キャラクターが残っていたとしても、ほとんどの場合、それまで大切に集めてきたアイテムやゴールドのすべてを失います。
いずれの場合も、ゲームを継続していく上で致命的な被害です。
キャラクターが残っていた場合、経験値やレベルなどの不可逆データまで失うことはありませんが、何より、自分の大切なキャラクターが、一時とはいえ他人に乗っ取られたという事実自体が、とても悲しい出来事として記憶に残ります。

残念なことではありますが、ドラゴンクエストXの世界では、ほとんど毎日のように不正アクセスの報告があります。
プレイヤー数に対する被害の比率が他のオンラインゲームと比べて多いということはありませんが、プレイヤー数が多いこともあって、発生件数自体は決して少なくありません。

不正アクセスの被害は、正しい予防策を行っていない限り誰にも起こり得るものだと、まずはそのことを知っていただきたいと思います。


もしも不正アクセスにあってしまったら

もしも不正アクセスにあってしまった際には、まず繰り返しの不正アクセスを防止するために、早急にパスワードを変更してください。

パスワードの変更方法についてはこちら

また、登録しているメール自体も、不正アクセスにより内容を傍受されている可能性があります。そのために、繰り返し不正アクセスの被害を受ける報告が非常に多いです。
特に無料メールを利用されている方にその傾向が目立ちますので、無料メールをご利用の方は登録メールアドレスの変更も強くお願いします。

メールアドレスの変更方法についてはこちら

その後は、サポートスタッフが、皆さんのゲームプレイを保護するために全力を尽くします。
可能な限り、被害にあう前の状態へのデータの巻き戻しを実施しますので、決して泣き寝入りしたりせずに、こちらからお問い合わせをお願いします。※ スクウェア・エニックス サポートセンターへのログインが必要となります。

不正アクセスにともなうゲームデータ救済申し込み

お問い合わせしていただくことが、不正アクセスに関与しているキャラクターを究明するための大切な手掛かりとなります。
同じ被害にあう方を減らすためにも、ぜひご協力をお願いいたします。


不正アクセスにあわないために

皆さんが不正アクセスにあわないための予防策として、プレイガイドには以下の記述があります。
  • ・たとえ親しい間柄であっても、第三者にスクウェア・エニックスIDやパスワードを教えない。
    ※ 弊社スタッフが皆様にパスワードをお尋ねすることはありません。
  • ・パスワードを定期的に変更する。
  • ・アカウントとパスワードを記載したメモなどを紛失しないようにする。
  • ・パスワードに、同じ文字の繰り返しや、電話番号、生年月日など簡単に推測されるものを設定しない。
  • ・他のオンラインサービスと同じパスワードを設定しない。※1カ所でパスワードが流出した場合に、その他のサービスでも被害を受ける可能性があります。
また、パソコンやスマートフォンにて「目覚めし冒険者の広場」やその他のスクウェア・エニックスのサービスをご利用されている場合には、以下の点にもご注意ください。

  • ・利用するパソコン、スマートフォンのウイルスチェックをし、安全を確認のうえご利用ください。
  • ・ウイルスに感染しないよう、心当たりの無いメールやファイルを不用意に開いたり、不審なウェブサイトにアクセスしたりしない。
上記は継続して気をつけていただきつつ、せっかくの「開発・運営だより」なので、皆さんをより頑丈に不正アクセスから守るための効果的な予防策を、いくつかご紹介します。

ワンタイムパスワードを利用する
現在のところ、不正アクセス予防としては、この方法がもっとも効果が高いです。
「ワンタイムパスワード」とは、「セキュリティトークン」という物が発行する“その時限り有効なパスワード”のことです。
このワンタイムパスワードを、通常のパスワードと合わせて利用します。
「セキュリティトークン」には、「ハードウェア・トークン」と「ソフトウェア・トークン」が2つの種類があります。

「ハードウェア・トークン」は、「スクウェア・エニックス セキュリティトークン」と呼ばれており、詳細は下記にあります。

※ 画像をクリックするとページが開きます。

こちらの利用には費用の負担が必要となりますが、ほぼ実費のみの980円で販売していますので、安全性確保の観点からも、利用可能な方は積極的な導入をお願いします。

「ソフトウェア・トークン」は、専用アプリをスマートフォン(iOS、Android)にインストールすることにより、無料でご利用いただけるものです。
こちらは、今回の「開発・運営だより」と同時に正式導入できるのがよかったのですが、3月下旬~4月上旬頃の正式導入を予定しています。現在、全力で準備を急いでいますので、今しばらくお待ちください。



無料メールを利用しない
先述の通りですが、メール自体が不正アクセスにより内容を傍受されている可能性があり、特に無料メールをご利用の場合その傾向が高いため、無料メールは利用しないことを強く推奨します。

こちらで認識している限りでも、無料メールをご利用の方が繰り返し不正アクセスを受けるケースが後を絶ちません。


リアルマネートレード(RMT)を絶対に利用しない
一見すると関係ないことのように思われる方もいるかと思いますが、不正アクセスによって奪われたアイテムやゴールドが、リアルマネートレードの業者に流れるケースを確認しています。
つまり、リアルマネートレードを利用することが、業者の活発な活動につながり、結果的にドラゴンクエストXの世界の不正アクセスを促すことになります。

リアルマネートレードは、たとえ軽い気持ちで利用したとしても犯罪行為への加担に繋がりますので、絶対に利用しないようにお願いいたします。


さてさて、今回は重たい話になりましたが、不正アクセスについての話は以上になります。

自分たち開発・運営、そしてサポートスタッフも、皆さんが不正アクセスにあわないために全力を尽くしますが、最終的に不正アクセスから自分のキャラクターを守ることができるのは、プレイヤーである皆さん自身です。
今回の「開発・運営だより」が、改めて皆さんが予防策に取り組んでいただくきっかけになればよいなと思います。

さて、話は変わりまして、今回もプロデューサーの齊藤陽介から、皆さんにお伝えしたいことがあります。

プロデューサーからのおしらせ

「開発・運営だより」には、2回目の登場になります。
プロデューサーの齊藤です。

さっそくですが、まずは宣伝をさせてください。
「ドラゴンクエストX 春祭り」ですが、魔法使いの職業クエストよろしく「はじめての(公式)オフ会」となります。

鏡の中から「君に会いたいな!」とかお願いするわけではありませんが、会場に来ていただく皆さんとお会いできるのを、心より楽しみにしております。

大勢の方が参加できるスペシャルコンテンツ「ザ・キャッツコイン」は、クリアすれば、もれなくアクセサリーの「ねこひげ」がもらえます。
そちら目当てでも、ぜひお越しください。(あまりにも混雑した際には、ご参加いただけない場合もありますので、時間に余裕をもってお越しいただければ幸いです)
また、会場に来られない方にも、このコインをお楽しみいただけるようにする予定です。

先ほどお話しした通り「はじめてのオフ会」ですので、「無料開放で、ゆるーーーーく、ふわっとした感じ」でやります。
今後もこういったイベントは継続してやっていきたいと思っていますので(東京だけではなく、全国規模でやりたいですね……)、まずは第1回目のイベントということで至らない点もあるとは思いますが、暖かい目で見ていただけると幸いです。
もちろん、やるからには精一杯「おもてなし」をいたします。
色々なステージも予定しておりますので、ぜひワクワクしながら会場にお越しいただければと思います。


さて、本題へ。

じつは今から約1年前のWii版ベータテストを行っている際から、かなり多くご要望をいただいていたアカウント間のキャラクター移動に関してのお話をします。
その名も「キャラクター引っ越しサービス」と命名しまして、ご提供の目処が立ちましたので、この場を借りて詳細をご報告いたします。


現在、1つのスクウェア・エニックス アカウントに対して、キャラクターが3~5まで作成可能になっています。
当然、同アカウントのキャラクター同士で同時に遊ぶことはできませんでしたが、Wii U版発売にあたって、「WiiとWii Uを使って一緒に(同時に)遊んでみようかな?」と考えている方も多いのではないかと思います。
そういう方のために、Wii U版発売日から30日間は今回のサービスを無料でご利用いただける様にしますので、ぜひご利用いただければと思います。

また、(規約上禁止となっていますが)1つのスクウェア・エニックスアカウントをご家族で共有して複数のキャラクターで遊びたい場合も、今回のサービスを利用して別のスクウェア・エニックス アカウントにキャラクターを移動することで、ご家族でパーティを組んで一緒に冒険ができるようになります。
この場合、Wii版をテレビに繋いで、WiiU版はゲームパッドで遊べば、テレビが一台のリビングでも一緒に冒険ができますよ!


さらに詳しい話は、また後日「特設ページ」でご説明いたします。

それでは「 ドラゴンクエストX 春祭り 」(もしくは生配信)でお会いしましょ~!

おわりに

そんなわけで、月1連載(月0.9くらい?笑)でお送りしている「開発・運営だより」ですが、今回で第6回目となりました。

「ドラゴンクエストXが初めてのオンラインRPG」というプレイヤーさんが多いことから、熟練プレイヤーさんにとっては当然のことでも、改めてちゃんと説明していくコーナーというのが主旨でもあったので、久々に主旨に沿った回になりました。

さてさて、現在の開発の進行状況ですが、twitterでぼそっと書いたらとてもたくさんのリツイートをいただいたので、こちらでも軽く書いておこうと思います。

開発は現在【バージョン1.4】が絶賛進行中で、もうほぼやるべき要素は出揃った状態にあります。
今回も大ネタから小ネタまで盛りだくさんですが、発売当初から「バージョン1.4を最大規模アップデートにする!」と目標を掲げており、そのための準備もずっとしてきましたので、過去の大型アップデートを凌ぐ内容にできるよう、開発スタッフ総員でがんばっています。
これだけでも尋常じゃないほど大変なんですが、「Wii U版」のベータテスト+発売準備、さらに新展開となる2ndの開発も並行しており、発売日から時間が経過して落ち着くどころか日増しに忙しさがアップしているような気がします(笑)。

ですが、それもこれも、今現在多くの皆さんがアストルティアを訪れてくれているおかげですし、嬉しい悲鳴というか、やべえときほどワクワクする特殊な体質のスタッフも多いので、みんなでがんばっていきたいと思います(汗)。

では、今後もドラゴンクエストXをよろしくお願いします。

2013/3/21 ドラゴンクエストX ディレクター 藤澤



バックナンバー
開発・運営だより -第1号-「メンテナンスについて」
開発・運営だより -第2号-「サポートスタッフのお仕事」
開発・運営だより -第3号-「ドラゴンクエストXの中長期的な展望について」
開発・運営だより -第4号-「ジャンフェスの報告と2013年の展望」
開発・運営だより -第5号-「【バージョン1.3】速報と中長期的展望の更新、Wii U 版の情報」

戻る

ページトップへもどる