目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

ライブカメラ画像

2D動画3D動画静止画

3D動画利用にあたってのご注意

{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ entryTitle }}  {{ charaName }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ charaName }}

トピックス

mixiチェック

大型アップデート情報 バージョン1.4 (2013/5/13)


ドラゴンクエストX ディレクターの藤澤です。

たいへんお待たせしました!

二回に渡って“速報”でお伝えしてきた『ドラゴンクエストX 大型アップデート第4弾【バージョン1.4】』ですが、追加要素や修正箇所が多く、まとめに時間がかかりましたが、ようやくすべての情報をまとめ終わりました!

まず最初に、公開日が 『 5月16日(木)』 に確定したことをお伝えします。
そして、すでに公開済みですが、今回も【バージョン1.4】専用の予告映像を用意しましたので、まだご覧になっていない方は、ぜひこちらからどうぞ!


バージョン1.4 プロモーション映像

今回の大型アップデートのサブタイトルは 『時の王者の戦い』 です。

なお、ここに記載した追加内容や変更・修正点は、5月16日(木)に実施するバージョンアップメンテナンス終了後に適用となりますので、ご了承ください。

※ 2013/5/16 「バトル中に「Lボタン」で決定ができるようになりました」 にディレクターコメントを修正しました。
          「修正した不具合」「開発内にて確認済みの残存している不具合」を追記しました。
※ 2013/5/14 畑の「お世話の記録」についてディレクターコメントを追記しました。

もくじ

ストーリー・クエスト系の追加・修正点

バトル系の追加・修正点

システム系の追加・修正点

町にある施設の追加・修正点

住宅村の追加・修正点

アイテム・職人の追加・修正点

その他の追加・修正点

修正した不具合

開発内にて確認済みの残存している不具合



ストーリー・クエスト系の追加・修正点

ドラゴンクエストX ストーリー新章 『神話篇』 が始動します。

【バージョン1.2】以降、「予兆」となるクエストを先行公開していましたが、今回の【バージョン1.4】より、本格的に『神話篇』が始動します。
アストルティア全体を巻き込む、複数のクエストから成るストーリーです。
これまでに公開されているストーリークリアが前提のため、推奨レベルはかなり高めですが、新しいストーリーを待っていた方は、アストルティアの新しい展開に挑戦してみてください。



新しい「クエスト」を複数追加しました。

【バージョン1.3】の大型アップデート情報では触れもしなかった借り物クエスト(「マイタケ 男の進路相談」、「職人さんに会いたい!」、「あこがれの称号さ見てえ!」)ですが、多くの方に遊んでもらっていることを受けて、今回さらにグレン城下町とジュレットの町にひとつずつ追加しています。
5種類全部クリアしようとするとなかなか大変ですが、すぐにクリアできそうなら受けてみる、のような遊び方でいいと思うので、近くを通ったときにでもチェックしてみてください。



クエストのリプレイ報酬を変更しました。
・同じクエストのリプレイできる回数が、1日1回までになりました。

リプレイの可能回数を制限し、その代わりに、特にバトルを伴うクエストのリプレイ報酬をよい物になるよう変更しました。
クエストクリア済みの人は、まだクエストをクリアしていないフレンドの手伝いをしてもらえればと思います。



クエストクリア後に、同キャラに話しかけると、クエストリストを開かなくても「リプレイ可能」状態にできるクエストを増やしました。
・カラー追加クエストや、トルネコクエストなどが該当します。

クエスト「ビッグホルンの復活」の受注可能レベルを30→28に変更しました。

クエスト「汗と涙と素材屋のぼうし」のクリアのために必要なバトル回数が 20回 → 10回 になりました。

討伐数をカウントするクエストで、バトル中に生き返ったモンスターを倒した場合には討伐カウントがされないようになりました。

クエストのクリア種類数に応じた称号が追加されました。


バトル系の追加・修正点

レベルの上限が65→70になります。
・指定のクエスト(オルフェアの町・受注可能レベル64)をクリアする必要があります。

今回も、レベル上限を 5上げました。
いつものお断りですが、遊ぶペースは人それぞれです。
レベル上限にならないとゲームを楽しめないということはありませんので、皆さんそれぞれのペースでゲームを楽しんでいただければ幸いです。



「そうび」画面で両手(武器盾)装備を2種類設定でき、バトル中にボタン1回の操作で切り替えができるようになりました。
・両手(武器盾)装備を持ち替えるための時間が数秒かかりますが、コマンドターンは消費しません。

僧侶の場合、普段の攻撃時はヤリ、MPが減ってきたらスティックに持ち替えてMP回復、といった動作が、これまでよりも簡単に行えるようになります。
複数の武器の特技を使って、新たな戦略で強敵に挑戦してみてください。



「特訓モード」のルールが、以下のように変更になりました。
・特訓対象モンスターが、自分から見て「強そうだ」以上のモンスターから固定のモンスターになりました。
・対象モンスターは、「せんれき」の「討伐モンスターリスト」に「TARGET」と記されています。
・1回のバトルで獲得できるスタンプ数が、1個から倒した対象モンスターの匹数分になります。

これまでの「自分から見て強いモンスターが対象」という仕様だと、レベルが上がるほど特訓がきつくなってしまうため、特訓対象のモンスターを固定化しました。



「特訓モード」で獲得できるスキルポイントの獲得数が、1ポイント追加されました。
・5ポイント目を入手するために必要な「特訓スタンプ数」は500個(通算1500個)です。

ふたつのパーティで1体の敵に挑む特別なバトル、「パーティ同盟」が実装されました。

『神話篇』のストーリーの進行に伴って公開される機能のため、【バージョン1.4】開始当初から公開される機能ではありません。
詳細な仕様はゲーム中で説明されますが、同盟を組む各パーティはサポート仲間を連れることも可能なので、最小でプレイヤー数2人で「パーティ同盟」が実現できます。
また、同盟を組む相手をオートマッチングで探すこともできます。
「パーティ同盟」を組む状況は現在はまだ1状況だけですが、将来的には増やしていきたいと思っています。



複数の「転生モンスター」を追加しました。



モンスターの配置、出現数、行動パターン、獲得経験値などを調整しました。

メタル系モンスターの一回のバトルに登場する数を、従来よりも少し増やしています。



「戦士」の能力を見直し、以下のように変更しました。

変更項目内容
ちからパラメータを向上させました
ひっさつ発生率確率を向上させました


「とくぎ」の効果を見直し、以下のように変更しました。

≪片手剣スキル≫
ギガスラッシュ効果範囲を、扇状 → 円状に拡大しました
消費MP  15 → 12
≪短剣スキル≫
ヒュプノスハント相手が「ねむり」「こんらん」時のダメージを向上させました
≪棍スキル≫
なぎはらい効果範囲を、180度 → 270度に拡大しました
ダメージを向上させました
≪ツメスキル≫
タイガークローダメージを下げました
≪扇スキル≫
おうぎのまい範囲攻撃から、4回の複数回攻撃になりました
≪オノスキル≫
かぶと割りダメージを向上させました
守備力を下げる確率を向上させました
オノむそうダメージを向上させました
≪ハンマースキル≫
シールドブレイクダメージを向上させました
守備力を下げる確率を向上させました
≪ブーメランスキル≫
デュアルカッターダメージを向上させました
バーニングバードダメージを向上させました
≪格闘スキル≫
ばくれつけん会心確率を下げました
≪盾スキル≫
ぼうぎょ消費MP 2 → 1
≪ゆうかんスキル≫
やいばくだきダメージを向上させました
攻撃力を下げる確率を向上させました
≪さとりスキル≫
魔導の書効果時間を長くしました

「春祭り」の際にも少し触れましたが、1stで予定している全職業が出揃ってから1バージョン分の時間が経過したこのタイミングで、プレイヤーの皆さんの利用状況も参考にした上で、バトルバランス調整を実施しました。
威力低下となる修正については特に慎重に判断しましたが、「タイガークロー」と「ばくれつけん」については、威力低下の修正が必要と判断し、実施いたしました。
ゲーム全体のバランスを保つために必要と判断した修正となりますので、何卒ご理解をいただければと存じます。

「タイガークロー」については、現時点で既に突出して強力な特技であり、今後の成長分の上乗せも含めると、現時点で「ダメージ値の上限を設定するか」、または「比例的に威力を抑えるか」のいずれかの対応が必要と判断しました。その上で、ダメージ値の上限を設定してしまうことは将来的に特技の成長の楽しみが失われると判断し、比例的に威力を抑える方を採用いたしました。

「ばくれつけん」については、「場面によって武器と素手を使い分けてほしい」という意図で【バージョン1.1】で会心率を上げる調整をしましたが、この時の上げ幅が大きすぎたことから、「武器を使わずに遊ぶ方が効率がよい」ゲーム期間が長く続く状況が生じていたため、改めて会心率を下げた方がよいと判断しました。下げはしましたが、【バージョン1.0】の頃よりは高めの設定としてあります。



複数回攻撃時、2回目以降の攻撃時にも行われていた状態異常付与の判定を、1回目のみ行うように変更しました。
・ムチ、ブーメラン、二刀流の左手攻撃(左手の2回目は除く)、戦士の証で発生する2回目の攻撃については、これまで通りに状態異常の判定を行います。

本動作は、本来は意図しない動作であり、不具合でした。
仕様として許容できるか様子を見てきましたが、状態異常付与系の特技(やいばくだき、かぶとわり等)に比べて効果が強力すぎると判断し、修正しました。
こちらもゲーム全体のバランスを保つ上で必要と判断した修正となりますので、ご理解をいただけますようお願いいたします。



二刀流で左手に装備している武器のスキル効果が、左手での攻撃に反映されるようになりました。

バトル中、味方が対象となる呪文特技を使った場合、選択ウィンドウに職業名とHP(またはMP)が表示されるようになりました。



「ベストスマイル」、「お宝ハンター」で、パーティウィンドウのふきだしメッセージに対象者名が表示されていなかったのを表示するようにしました。

過去に勝利したことのあるボスと再戦ができるようになりました。
・ストーリー終盤のボスとは再戦できません。
・出身地の村のボスは、ストーリーリーダーがその村の出身で、かつ人間以外の種族姿である時のみ再戦できます。
・ボスは経験値や獲得ゴールドを高めに設定しているため、再戦時は初回時よりもかなり低くなります。



バトル中に「Lボタン」で決定ができるようになりました。
・Wii クラシックコントローラ/クラシックコントローラ PROおよび、Wii U GamePad/Wii U PROコントローラーに限ります。

5/16 21:30修正
こちらですが、既存操作に慣れたプレイヤーの方から使いづらいというご意見をいただいたため、近日中に操作を戻す対応を実施します。
Lボタンでの決定機能については、既存操作と両立できる形で将来的に対応しますので、お待ちいただけますようお願いいたします。



職業の証が、「その他のアクセ」から専用のアクセサリー枠に変更になりました。
・「せんれき」の「おしゃれカタログ」に、「職業の証」カテゴリが追加されました。
・職業の証の名称の職業名を、ひらがなから漢字に変更しました。(例:「そうりょの証」→「僧侶の証」)



「顔アクセサリー」の「スライムピアス」と「ほしくずのピアス」が、グラフィック表示されるようになりました。



システム系の追加・修正点

移動速度がアップする乗り物「ドルボード」に乗れるようになりました。
・指定のクエスト(岳都ガタラ・受注可能レベル30)をクリアする必要があります。
・「ドルボード」入手後は、各地の道具屋で購入できる「ドルセリン」という燃料が必要になります。
・「ドルセリン」は500ゴールドで、ドルボードに30分間乗れます。
・ドルボードは、町の中やダンジョンの中では乗れません。

ドルボードに乗ったままでも、アイテムを使ったりキラキラを拾ったりできます。ジャンプもできます。
ドルボードに乗ったままバトルに入ると自動的に降りて戦い、バトルが終了すると自動的に乗り直します。
ドルボードは、「どうぐ」→「だいじなもの」から選んでも乗れますが、クラシックコントローラーのZLボタン(オートラン)長押しでメニューを開かずに乗り降りができます。



モンスターが時々落とす「依頼書クエスト」を受けられるようになりました。
・「どうぐ」→「つかうもの」からクエストを受けられます。
・クエストを受けると「依頼書」は消滅します。
・クエストを受ける際にパーティを組んでいる仲間とは、一緒に依頼書クエストを受けられます。
・同時に複数の依頼書クエストは受けられません。依頼の内容を達成した状態であれば、報告をしていなくても新しい依頼書クエストを受けることができます。

依頼書はたまにしか手に入りませんが、難易度の高い物から低い物まで、報酬がとてもよい物からイマイチな物まで、様々な依頼が存在します。
依頼書は、未使用であればバザーで売買もできるので、自分には難易度が高すぎる依頼書を入手してしまった時には、売ってしまっても構いません。



チームの成長要素として、「チームクエスト」、「チーム経験値」、「チームレベル」が実装されました。
・「チームクエスト」をクリアすることで「チーム経験値」を獲得し、「チームレベル」が上がっていきます。
・「チームレベル」が上がると、使用できるユニフォームデザインやカラー、チームエンブレムのパーツなどが増えていきます。
・「チームレベル」の上限は30です。

まだチームに加入していない人は、今回のチーム要素強化を機に、ぜひチームに参加してみてください。

「ひとりで遊べなくなるのでは」と心配される方もいらっしゃいますが、チームの成長要素で得られる物は、チームをより楽しむための物ばかりなので、チームに参加しないとゲーム全体が楽しめなくなる、というようなことはありません。
また、すごくがんばれば「ひとりチーム」でもなんとかチームレベルを上げていけます。ただかなり大変なので、チーム要素で遊びたい方は複数人チームに入ることをオススメはします。



「チームユニフォーム」が利用できるようになりました。
・チームで1つのユニフォームデザインを共有し、メンバー全員がそのデザインのユニフォームを着られるようになります。
・最初のチームユニフォームは、チームレベル5から使用可能になります。レベルが上がると、種類やカラーが増えていきます。
・「そうび」画面にて、通常の装備とチームユニフォームを切り替えることができます。
・その時の装備の性能のまま、見た目だけが変更になります。

「チームユニフォーム」は、すべてマント付きのデザインのため、チームエンブレムをマントに背負って行動できるようになります!



盾カバーに表示されるチームエンブレムが、サポート仲間時にも表示されるようになりました。

酒場で「なかまをさがす」の時にも、サポート仲間として一緒に冒険している時にも表示されます。



チーム購買員の取り扱う商品が追加、値段変更されました。
・商品は、チームレベルが上がると徐々に増えていきます。
・「おにごっこキャップ」が、1000G→100Gに値下げされました。

チームで実施するおにごっこ大会が面白いというご報告をよくいただきます。
まだやったことがないチームの方は、ぜひ一度チーム内での遊び企画などを実施してみてはいかがでしょう!



「いまどんな?設定」に、「チーム入隊希望」を追加しました。

どこかのチームに入ってみたい方は、こちらの機能をご利用ください。
きっと声を掛けてもらえると思います。
また、「チーム入隊希望」の追加に伴い、「ネタバレ防止中」のアイコンの色をオレンジから黄色に変更しました。



チームやフレンドから人を外す際、確認を2回行うようになりました。

誤ってチームやフレンドから人を外してしまったというご意見が複数回あったため、こちらの対応を実施しました。


「チーム解散」の仕様が変わりました。
・「チーム解散」は、チームメンバーが1人の場合のみ、「チーム大使」で行えます。
・チーム結成時の費用1万Gが返金されます。返金は、チームを結成した人ではなく、チームを解散した人にされます。

「目覚めし冒険者の広場」のチーム専用ページに、チームの活動記録が記録されていくようになりました。

【バージョン1.3】以前の活動については記録されていませんので、ご了承をお願いします。


<「目覚めし冒険者の広場」の表示が崩れる場合の対処方法>
今回の更新でレイアウトなど表示が崩れる場合は、ご利用のブラウザのキャッシュをクリアすることで解消されますので、お試しください。

[パソコン(Windows)をご利用の場合]
(1) F5キーを押すと「最新の情報に更新」されます。
(2) 上記でも変わらない場合は、Ctrl + F5キー 同時押しをお試しください。

[スマートフォンをご利用の場合]
URLが表示されている欄の 矢印アイコン をタッチ、またはブラウザメニューの「ページの更新」をすることで、最新の情報に更新されます。
※操作方法についてはご利用の機種により異なります。


特別なグループでチャットができる「チャットルーム」が使えるようになりました。
・「チャットルーム」は各プレイヤーがひとつずつ自ルームを持ち、最大4ルームに参加できます。
・「チャットルーム」の参加者がそれぞれ自分のフレンドを招待することができます。
・ひとつの「チャットルーム」への参加者は、最大20人です。



「魔法の迷宮」で、トルネコの出現が、各種コインの使用に影響を受けないようになりました。
・トルネコは隠し階ではなく、ボス戦の直前階に登場するようになります。

【バージョン1.3】まで、隠し階にモンスターが登場するコインを使用すると、トルネコの出現抽選に当たっても、トルネコの出現が先送りされてしまうようになっていました。
こちらは改善されましたので、今後は気兼ねなく迷宮でコインを使えるようになります。
長らくご迷惑をおかけしており、申し訳ありませんでした。



「魔法の迷宮」でトルネコに会えた際の買い物の回数が、1日1回から、会えた度に1回になりました。

「魔法の迷宮」のトルネコの売り物に、「ザ・キャッツコイン」が追加されました。

「魔法の迷宮」で、複数のプレイヤーが「メタスラのコイン」「はぐメタのコイン」「メダル王のコイン」のうち同じコインを複数同時に捧げられるようになりました。
・ひとり1枚までの制限は変わりません。
※ 文意不明瞭だったため修正しました。 (2013/5/14)

「魔法の迷宮」で、高レベル時に極端に弱いボスが出現することがありましたが、レベルに合ったボスが出現するようになりました。

「魔法の迷宮」の、「チャレンジフロア」「ラッキーフロア」の仕様が一部変わりました。
・「チャレンジフロア」「ラッキーフロア」の発生確率が上がりました。
・「ラッキーフロア」の最後に出現する宝箱を、通常宝箱から「金色の宝箱」に変更しました。

「魔法の迷宮」のスタート時に表示されるフリーコメントを、キャンセルボタンではなく決定ボタンで閉じるように変更しました。

あいさつに「よく使うセリフ」を使うため、慌てて閉じてしまうというご意見が多かったため、決定ボタンで閉じるようにしました。



「魔法の迷宮」の、「まほうのカギ」使用時のマッチングメッセージのレイアウトを変更しました。



「魔法の迷宮」では、モンスターの強さに関わらず、バトル勝利時に装備品の使い込み度が上がるようになりました。

「日替わり討伐クエスト」の報酬が全体的に変わりました。
・報酬を「追加経験値」から「討伐ポイント」に変更し、経験値としてもゴールドとしても受け取れるようにしました。
・「討伐ポイント」は、従来の「追加経験値」よりも高めに設定しています。遠くのモンスターや数が少ないモンスターは、さらに高めに設定しています。
・報酬が高めとなる黄色文字の依頼の発生確率を上げました。
・クリア時に名声値も得られるようにしました。

「日替わり討伐クエスト」をもっと楽しめるように、提案広場にいただいたご意見などを参考にして、様々な改善を加えました。全体的に報酬がよくなっているので、あまり遊んでいないという方も、ぜひお試しください。



「日替わり討伐クエスト」、パーティを組んでいる時は、同マップにいるもっとも名声レベルが高い人の依頼リストを共有するようになりました。

仲間が同じマップにいれば、仲間みんなと同じ内容のクエストを受けられるようになりました。



「日替わり討伐クエスト」受注時、依頼に該当するモンスターを倒した時のメッセージを変更しました。

「日替わりクエスト」の依頼リストの地名部分に、各大陸の省略名が表示されるようになりました。

省略名
大陸名
主な地名
[オ]
オーグリード大陸グレン領東 など
[ウ]
ウェナ諸島ジュレー島下層 など
[プ]
プクランド大陸オルフェア地方東 など
[エ]
エルトナ大陸アズラン地方 など
[ド]
ドワチャッカ大陸ガタラ原野 など


「日替わりクエスト」の依頼リストに、対象となるモンスターを「くわしくみる」機能を追加しました。
・討伐したことがあるモンスターのみ「くわしくみる」ことができます。

ゲーム全体の各種テキストを修正しました。

初心者の方のためにつまずきやすい点の説明強化と、ゲームに慣れた方のために繰り返し聞くセリフの短縮など、よりわかりやすく、より遊びやすいゲームとするために、多くのテキスト修正をおこなっています。



「ログイン非通知設定」の名称を「ログイン通知設定」に変更し、新たに「ログイン通知しない」という状態を追加しました。
・選べる選択肢は、下記の3種類となります。

設定項目内容
ログイン通知する他プレイヤーにログインしたことが伝わる標準的な状態です。
ログイン通知しない他プレイヤーからは、ログイン時は「非通知設定中」として見えます。この状態でも、フレンドチャットやチームチャットは利用できます。
常にログアウト他プレイヤーからは常に「ログアウト中」として見えます。この状態の時、フレンドチャットやチームチャットは利用できません。

「ログイン通知しない」は、現状ログイン中のみ「非通知設定中」と表示されるようになっていますが、こちらは近日中にログアウト中も「非通知設定中」と表示されるように修正予定です。対応までしばらくお待ちください。



ゲームのログイン時のキャラ選択画面で、「ログイン通知設定」の変更ができるようになりました。

ログインしたことを知られたくないのに、ログイン後にしか設定を変更できないためログインしたことを知られてしまう、となっていたため、ログイン前に「ログイン通知設定」を変更できるようにしました。
人と遊ぶゲームだからこそ、こういう機能は今後も力を入れていきたいと思います。



「つよさ」の情報が拡充されました。


パラメータとそうび

・職人道具の欄が職業の証に変更になりました。
・装備品を「くわしくみる」ができるようになりました。

スキル

・各職業で振り分けたスキルポイント数が見られるようになりました。
・必殺技も見られるようになりました。
・各スキルの説明が見られるようになりました。

じゅもん

・各呪文の説明が見られるようになりました。

「パラメータとそうび」の項目は、他プレイヤーの情報も見ることができます。



プレイヤーが任意の単語変換を登録できるようになりました。
・「さくせん」→「いろいろ設定」→「単語登録」から利用できます。
・最大100件まで登録できます。

このコマンドの追加に伴い、「いろいろ設定」の並び順の見直しをしています。


文字入力の変換時に、過去に決定された変換候補が上位に表示されるようになりました。

「よく使うセリフ」のリストを表示している際、Rボタン(ヌンチャクだと2ボタン)でセリフのテキストをチャット入力欄に入力できるようになりました。

 → 

これにより、「よく使うセリフ」に登録されているセリフを、チームチャットやフレンドチャットでも使用できます。
やや操作が複雑なため、少し慣れが必要ですが、お試しください。



「よく使うセリフ」のリストを表示した状態でバトルが開始された際、バトル開始後にもリストが表示されるようになりました。

「よく使うセリフ」で、しぐさのみを設定した項目のリスト上の表示が「 (手をふる) 」のように、しぐさ名にカッコ付きで表示されるようになりました。

「どうぐ」→「つかうもの」で道具を使用後、再度「つかうもの」を見た際にカーソル位置が記憶されるようになりました。

「おたからさがし」で表示される地図上のアイコンを、下表の通りに変更しました。


探したもの表示色
キラキラ水色
青い宝箱青い色
赤い宝箱赤い色
黒い宝箱黒い色


「おたからさがし」を実行中、キラキラの取得上限に達した場合、キラキラ表示を非表示にするように変更しました。

特技「みやぶる」を習得していないときは、モンスターに「しらべる」をした際の情報に、みやぶり済みかどうかが表示されないようになりました。

「アイテム詳細ウィンドウ」に、使い込み度が100になった時に取り出せる「汗と涙の結晶」の個数が常時表示されるようになりました。

この修正に伴い、「できのよさ」の表示位置がアイテム名の隣に移動したりと、レイアウト調整をしています。



コミュニケーションウィンドウ内で使えるコマンド配置を変更しました。

【フレンド】【チーム】タブ内のコマンドの「なかまにさそう」を上位にするなど、全体的に利便性を高めるための修正しています。



「せんれき」のTOP画面の情報を以下のように変更しました。


追加した項目

依頼書クエストクリア回数
職人成功回数

削除した項目

手に入れた装備品の種類
手に入れたアイテムの種類

「職人成功回数」は、すべての職人での成功回数を合計した数です。
「討伐隊メダルもらった回数」の「回数」を「枚数」にしました、というのは、地味祭で紹介しようと思って時間が足らなかったネタです。



「せんれき」の「モンスター討伐リスト」に、「みやぶったモンスターの種類」が表示されるようになりました。
・「みやぶる」をしたことがあるモンスターが1匹以上いる時に限ります。

「せんれき」の「クエストリスト」内のカテゴリー名の「日替わりクエスト」を「ランダムクエスト」に変更しました。

ランダムクエストには、「日替わり討伐クエスト」に加えて「依頼書クエスト」も表示されるようになります。



他のキャラ選択時のコマンドに、「通報する」を追加しました。
・このコマンドは、RMT業者通報専用です。その他の目的の通報にはご利用になれません。
・あなたがこのコマンドから通報したことは、通報した相手には伝わりません。
・あなたがこのコマンドから通報したことは、システムに記録されます。真実ではない通報を繰り返すと、あなた自身がペナルティの対象となりますので、ご注意ください。

個人的にはあまり入れたくないコマンドであり残念な気持ちもあるのですが、プレイヤーの増加に比例してRMT業者も増えていることから、より積極的な対策が必要な状況に至り、こちらのコマンドを実装しました。
通報回数が多いプレイヤーを、スクウェア・エニックスの特別なRMT業者対策チームが重点的に調査いたしますので、皆さんのご協力をお願いいたします。

RMT業者と思われるプレイヤーは、必ずではありませんが、次のような行動をしていることが多いです。

・同じ文字の繰り返しなど意味のない名前で、自動狩りのような動作をしている
・複数の同じ装備のキャラが、ずっと同じモンスターを狩り続けている


上記のような行動をしていたとしても、それが必ずRMT業者であるとは断定できません。
慎重に判断する必要があるため、通報をいただいても、すぐに対応が実施されるわけではない点については、ご理解をお願いします。



サポート仲間への作戦変更時、パーティウィンドウのサポート仲間が、変更後の作戦を言うようになりました。

作戦を変更した際、どうも作戦が変わった手応えがないように感じたのと、他のプレイヤーが連れているサポート仲間の作戦が変更されたことがわかりづらかったので、こちらの機能を実装しました。

自分「ガンガンいこうぜ!」
サポ「ガンガンいきます!」

という掛け合いな感じになります。



パーティを組んでいるとき、パーティリーダーのいるサーバーにコマンドで移動できるようになりました。
・「さくせん」→「なかま」→「サーバー移動」で移動ができます。

ゲーム開始初期、「旅のコンシェルジュ」がある町に着いていない状況でもパーティのサーバー合流が可能になりました。



「さくせん」 → 「いろいろ設定」 → 「かたがき設定」 → 「称号からつける」の称号一覧リストに、並び替え機能が追加されました。

「種類別」と「50音順」の並び替えができます。なお、並び順は記憶されません。



「さくせん」→「困ったときは?」→「お問い合わせ」で入力できる文字数が、最大全角700文字に拡張されました。



町にある施設の追加・修正点

メギストリスの都に「レンタル衣装屋」がオープンしました。
  ・「そうび」画面にて、通常の装備とレンタル衣装を切り替えることができます。
  ・その時の装備の性能のまま、見た目だけが変更になります。

全身を一度に変更する特別な衣装を借りる施設となります。
常に着るものではなく目的がある時に着る特別な衣装ということで、値段はやや高めの設定ですが、かなり面白い衣装がそろっているので、ぜひ一度覗いてみてください。
レンタル衣装のバリエーションは、今後も少しずつ追加していきます。



各施設のセリフが全体的に短くなりました。

「酒場」、「転職」、「旅人バザー」など、特に利用頻度の高い各施設のセリフを全体的に短くして使いやすくしています。
「いまどんな?設定」の「初心者です」を外すと、さらに施設の説明が省略され短くなります。



「さくせん」コマンドの「ぼうけんを中断する」を使用した場合でも、サポート仲間として酒場登録できるようになりました。
・「酒場」を使える状態になっている必要があります。
・【バージョン1.4】のバージョンアップのタイミングで、酒場登録が自動的に解除されます。この際、サポート仲間として入手するはずだった経験値やゴールドは、告知なしで入手されますので、ご了承ください。

せっかく自分の家があるのにゲームを終える時に酒場に行かなくてはならない、という仕様に違和感があったため、こちらの機能を実装しました。



「酒場」で、サポート仲間を探す際の仕様が変わりました。
・上限に設定できるレベルが、今の職業のレベルから全職業の中での最高レベルまでとなりました。
・自分よりも低レベルのキャラの場合は紹介料が値引きされていましたが、料金が固定になりました。
・サポート仲間リストの「ひとことコメント」の文字色が水色になりました。
・サポート仲間の詳細画面に、必殺技も表示されるようになりました。

今回も「酒場」は色々と改善を加えています。

サポート仲間を借りるためにレベルの高い職業に転職して、というようなことが常態化してしまっていたので、こちらは正式に仕様として最高レベルまで借りられるようにしました。
これに伴って、低レベルのサポート仲間を借りた際の値引きシステムは仕様が複雑化するため廃止しましたのでご了承ください。



思い出アルバムの写真を「絵葉書」として、手紙の便せんにできるようになりました。
・写真を便せんにするためには、「絵葉書用便せん」が必要です。「絵葉書用便せん」は、各地の便せん屋で購入できます。
・絵葉書を送っても、送り主側が思い出アルバムから写真を削除すると、もらった側の便せんの写真も見られなくなります。

これまで、どんなにナイスショットが撮れても、ゲーム内でフレンドや仲間と見せ合う手段がありませんでしたが、この機能を使えば思い出の一枚を便せんにして、友達に送ることができるようになります。ぜひご利用ください。



「郵便局」で、荷物やゴールドを送る際の送料が無料になりました。

預かり所のリニューアルが時間がかかっており、今回の【バージョン1.4】に間に合いませんでした。申し訳ありません。引き続き実装を急いでおりますので、こちらはもうしばらくお待ち願います。
その代わりというわけではないのですが、前回の手紙に続いて、荷物やゴールドを送るのも無料にしました。預かり所のリニューアルが完成するまでの間、手の空いているサブキャラクターに、渡せるアイテムは送っておくなどしていただければと思います。



便せんのまとめて持てる数が、10個→99個になりました。

「武器屋」で、売っている商品を変更しました。
・ハンマーを売っている武器屋は、ガートラント城下町の武器屋のみになりました。
・弓・ブーメランを売っている武器屋は、カミハルムイ南の武器屋のみになりました。

メギストリスの都の「ドレスアップ屋」「カラーリング屋」がある建物に、「転職神官」のキャラが配置されました。

「ドレスアップ屋」で、「顔アクセサリー」もドレスアップできるようになりました。



「ドレスアップ屋」で、同じ種類の装備でもカラーリングによって見た目が異なる場合は、ドレスアップできるようになりました。

「カラーリング屋」に、以下のカラーが追加されました。

追加カラー

ミッドナイトオリーブブラウングレーブルーこがねいろさんごアクアマリン

今回の追加で、カラー選択時の画面が2ページ構成になります。ページ切り替えがありますので、ご注意ください。



「カラーリング屋」で、カラーを変更する際、現在のカラーのパネルの所に「★」のマークが付くようになりました。
・カラーリングをしていない時には、「★」マークは付きません。



「カラーリング屋」で、装備品「モダンバニーのくつ」もカラーリングできるようになりました。

「美容院」で、目の色を変更できるようになりました。



「美容院」に、新しい髪型が追加されました。

今バージョンでも、各種族1種類ずつ髪型を追加しています。
今後も大型バージョンアップのタイミングで、新しい髪形を追加していきます。


「美容院」で、上半身だけでなく全身姿も見られるようになりました。

「旅のコンシェルジュ」の「ふくびき」の賞品を変更しました。

どの大陸のふくびきも、9等の賞品は「ふくびき補助券」になります。
「ふくびき補助券」を5枚集めると、1回ふくびきがひけます。


「旅のコンシェルジュ」の「ふくびき」にて、9等以外からも「おどる宝石」の格上げ演出が発生するようになりました。

「旅のコンシェルジュ」の「元気玉」交換時のレイアウトが変わりました。
・現在の元気玉所持数が表示されます。
・それぞれの元気玉交換に必要な元気チャージ時間が表示されます。
・コンシェルジュのセリフで、最大いくつ交換できるかを教えてもらえるようになります。



「預かり所」の「ゴールド銀行」にて、「あずける」か「ひきだす」かが終わった後に、「ゴールド銀行」の最初ではなく「預かり所」の最初の選択に戻るようになりました。

「旅人バザー」や「ゴールド銀行」などで、ゴールド額を入力する際に、桁数を間違えが起きないように、「三桁ごとの区切り」「万」「億」のなどのガイドが表示されるようになりました。



「旅人バザー」で、他の出品アイテムよりも極端に低い価格で出品しようとした場合に、間違いがないかの確認がされるようになりました。
・同じ物が10個以上出品されていて、かつ、その中で一番安い物の25%以下の値段で出品しようとした際に確認が入ります。

高額商品を出品する際に桁間違いをしてしまったという報告がたまにありますが、これでかなり減ってくれるものと思います。



「旅人バザー」で、「錬金効果名」と「合計値」で装備品を検索できるようになりました。
・「こうげき力」「+4以上」などの条件を指定できるようになります。



「旅人バザー」で、「作った人の名前」で検索した際に「錬金した人」も検索対象となるようになりました。

「旅人バザー」で、「つかうもの」を検索した際に「しぐさ書」のみが2ページ目に表示されていましたが、すべて1ページで表示されるようになりました。

「ちいさなメダル」の交換アイテムを追加しました。

カテゴリーアイテム名必要メダル数
しぐさ書しぐさ書「決め・右前」25 枚
しぐさ書「決め・左前」25 枚
レシピ帳オニキスの魔剣の本45 枚
天馬武具辞典45 枚
こがらしのダガーの本45 枚
聖騎士のやりの書45 枚
グレートアックスの本45 枚
冥獣のツメの秘術45 枚
ムチムチ女王様の日記45 枚
メガトンハンマー作成書45 枚
ペンタグラムのレシピ45 枚
ゴシックパラソルレシピ45 枚
女神の杖の物語45 枚
しゅらのこんのレシピ45 枚
ひっさつのおうぎの本45 枚
じごくの弓の黙示録45 枚
オーガシールドのレシピ45 枚
スパイクアーマーの書45 枚
ワイルドジャケットの本45 枚
僧兵のころもの作り方45 枚
ノーブルコートのレシピ45 枚
古武道の道着の作り方45 枚
王宮魔術の服カタログ45 枚
クラウンベスト辞典45 枚
ミラクルコートカタログ45 枚
古代魔術のほうい作成法45 枚
奇跡の鍛冶ハンマーの本45 枚
奇跡の木工刀の本45 枚
奇跡のさいほう針の本45 枚
奇跡の錬金ランプの本45 枚
奇跡の錬金ツボの本45 枚


「駅」で、移動先の駅の選択画面が変更になりました。
・すべての駅が1ページにまとめて表示されるようになりました。
・地名の前に各大陸の省略名が表示されるようになりました。



「駅」の駅員の位置が、駅に入った最初の画面にいる状態になりました。

「転職」で、転職する職業選択時、各職業の「次のレベルまでの経験値」と「獲得済の特訓スタンプ数」が表示されるようになりました。
・「特訓スタンプ数」は、特訓モードにするためのクエストをクリアしているときのみ表示されます。



「王都カミハルムイ北」の「宿屋」に、「旅のコンシェルジュ」のキャラが配置されました。

「教会」で、「いきかえらせる」、「どくのちりょう」、「のろいをとく」をする際にも、プレイヤーキャラクターがお祈りの動作をするようになりました。

「獅子門の集落」の「教会」で、ルーラストーン記憶箇所が「獅子門の集落・北」、「獅子門の集落・南」の2箇所から選べるようになりました。

「橋上の宿」の「バンジージャンプ」に、「たまにテンションアップ」の効果が一定時間付くようになりました。

大勝負に行く前に、景気づけにひと飛びどうでしょう。




住宅村の追加・修正点

すべての住宅村を1000丁目追加し、最大8000丁目までとなります。
・追加された丁目の土地は、これまでと同じように値下げ方式での販売となります。Sサイズの土地は50万Gから5000Gずつ(1日4回)値下がりし最安値2万G。Mサイズの土地は250万Gから2万5000Gずつ(1日4回)値下がりし最安値10万Gです。

新たな「家パーツ」を追加しました。
   ・ツリーハウス 「あやしい家シリーズ」


   ・大きな丸い家 「がらくた装飾シリーズ」


   ・大きな四角い家 「布装飾シリーズ」



新たな「家具」や「庭具」を追加しました。
職人での作成や、カミハルムイの「家具屋」で販売しています。




過去に見たイベントを再視聴できる家具「おもいで映写機」が追加されました。
・メインストーリーのイベントのみ再視聴できます。
・各住宅村の家具屋で購入することができます。
・自分のキャラが出ているシーンでは、その当時に着ていた装備ではなく、今の装備での再視聴となります。

もう一度見たかったあのシーンを、ぜひご堪能ください。

クエストのイベントシーンは、クエスト自体がリプレイできるため、再視聴できません。



ルーラストーンのように自分の家まで移動ができるアイテム、「お招きのつばさ」が追加されました。
・家の所有者のみが、管理人から買うことができます。
・ひとつのアイテムで10回使用できます。

「お招きのつばさ」は、人に渡すことができるので、水やりをお願いするときなどに、フレンドやチームメンバーに渡すなどしてご利用ください。



住宅村の家の立て札から、その家をルーラストーンの移動先として記録できるようになりました。



ラグなどの敷物類の家具が、「上」「中」「下」の3段階の高さ調節ができるようになりました。

住宅村のマップ移動が使いやすくなりました。
・隣接したマップにしか行けなかったのが、どのマップにでも移動できるようになります。
・カーソルの初期位置が、必ず「町に戻る」になります。

家の扉メニューの「他の人の家へ」が使いやすくなりました。
・移動時演出を追加されました。
・家のテーマ選択時、対象のウェルカムハウスがない場合は、文字色がグレーになるようにしました。

家に設置済みの家具を「うごかす」操作が使いやすくなりました。
・「うごかす」を選択した後や、置いた後の確認メッセージを表示しないようにしました。
・動かしている間の家具を、設置済みの家具との違いが解りやすいように、より透明度を上げました。

畑にタネを植えた直後から、水やりができるようになりました。

他人の家の畑の「お世話の記録」が見られるようになりました。
・年月日、時間は見られません。

※5/14 17:30追記
こちらの機能ですが、「お世話の記録」を「他の人に見せてもよいか」の権限設定がないと使いづらいというご意見を多数いただきました。そのため、本機能は、権限設定機能と合わせたタイミングで公開することに変更しました。
一度公開予定としたものですが、上記対応のために公開時期を変更しますので、ご了承願います。


ベッドで「やすむ」を選択した際、寝転がる動作をするようになりました。

住宅村の「タネ屋」に、新たな「タネ」が追加されました。



アイテム・職人の追加・修正点

新たな装備品・家具・庭具・レシピを追加しました。



消費アイテムを、一度に9個まで指定して使うことができるようになりました。

何度か各所でお話ししていた、通称「がぶ飲み」機能です。
「せいすいって飲むものじゃなくて振りかけるものじゃないの?」というご意見をいただきましたが、その通りですね(笑)。こちらはあくまで通称ということで。



「せかいじゅの葉」使用時の効果発動までの時間を、5秒→1秒に短縮しました。

バトル中のピンチの時など、断然使いやすくなったと思います!



「ツボ錬金職人」か「ランプ錬金職人」に、「錬金の依頼」ができるようになりました。
・「ツボ錬金職人」「ランプ錬金職人」に「はなす」と、『錬金の依頼をする』が選択できるようになります。
・依頼する側は、錬金効果を付けたい装備品、錬金道具、付けたい錬金効果に必要な素材のすべてを用意します。
・依頼する側は、お礼のゴールドも渡すことができます。
・依頼された側の錬金の成功実績は、「つよさ」で確認できます。

これまで、「ツボ錬金職人」か「ランプ錬金職人」以外は、一度装備してしまった装備品に錬金効果を付けることは不可能でしたが、この機能を使えば、一度装備してしまった装備品でも、錬金効果を付ける余地があれば、錬金職人に依頼することで錬金効果を付けられるようになります。
依頼をするときは、事前に一声かけて、相手の了承を取ってからお願いするようにしましょう。



職人レベルの上限が35→40に解放されます。
・指定のクエスト(各職人ギルド・クエスト受注可能職人レベル34)をクリアする必要があります。



職人の新しい「とくぎ」を追加しました。

各職人用の新しい「レシピ」を追加しました。



職人道具が、職人仕事を行う際に毎回選択するようになりました。
・カテゴリーは「そうびひん」のままですが、「そうび」画面から装備するものではなくなりました。

簡単な仕事に高価な職人道具を使ってしまったり、大切な仕事に安い職人道具を使ってしまったりと、一度決定してしまうと取り返しがつかない割にミスをしやすい仕組みだったため、毎回職人道具を選択するように変更しました。



職人道具の選択が職人仕事をする際に変更になったことから、職人クエスト1話の内容を変更しました。
・クエスト進行中の場合は、一度キャンセルして再度クエストを受注し直す必要があります。

職人クエスト3話の受注可能レベルを30→29に変更しました。

職人のギルドマスターからの依頼内容を見直し、低レベル向けの報酬を上げ、すべての依頼の獲得経験値を増やしました。

錬金レシピの詳細情報に、その錬金効果が付けられる装備品の部位が表示されるようになりました。



職人「道具鍛冶」と「木工」で、「庭具」を作成できるようになりました。

職人「木工」にて、「家具」を作る際は家具レシピのカテゴリーを選択するようになりました。

錬金の結果が「パルプンテ」だった場合、レシピの成功チェック、せんれきの職人回数などで、成功扱いとなるようになりました。

錬金仕事で、ルーレットが回っている最中でも、「よく使うセリフ」が使えるようになりました。



その他の追加・修正点

「始めたばかりの人専用」サーバーの条件に合わない場合、グレーで表示され選択できないようになりました。

マップ移動時に表示される「遊び方のヒント」を、全体的に短時間で読みやすい文章に変更しました。

ロード時間が短いことから、なかなか読み切れないケースが多かったため、文章を簡略化する方向の修正をしました。

内容の追加もしています。



「旅のコンシェルジュ」で、ダブルすれちがいのポイント上限が 50P → 60P になりました。

ごほうびの報酬も追加されています!




修正した不具合

「魔法戦士の証」のMP回復効果や短剣スキル「攻撃時たまにMP回復」が、「マホトラ」や「天使の矢」の効果に上乗せされていた

「魔法戦士の証」や短剣スキル「攻撃時たまにMP回復」の効果が、特定のモンスターに対して効果がない場合があった

「戦士の証」の効果発生時、「MPを消費しなかった!」のメッセージが表示されることがあった

バトル中に、休み、眠り、魅了状態が解除された後一定時間、モンスターが怒らない場合があった

「バナナトラップ」の効果発動時に煙などの位置がずれていた

「ハヌマーン」が通常攻撃を行う際に動作しないことがあった

「ラニアッカ断層帯」にて天井があるのにルーラストーンを使える場所があった

「雲上湖」にて、天候がくもりや雪の場合に足元に水の波紋が表示されていた

「落陽の草原」に地面に埋まって見える場所があった

各種SEの不具合を修正しました

BGMの音量設定をしてもハウジングエリアに移動すると元に戻ってしまっていた

クエスト「バトリンピック予選編」のボス戦にて、サポート仲間やモンスターが侵入不可能な場所に移動することがあった

クエスト「コロシアムの裏メニュー」にてイベント進行中に回線切断されると再ログインすることができないことがあった

クエスト「森の断罪者」のイベントシーン終了後にキャラクターが赤みがかかった色になっていた

酒場にて「自分をとうろく」を行った場合に特定の手順で「ひとことコメント」の内容が変更前に戻されていた

毒アイコンが点滅している状態でバトル開始されると点滅が止まってしまっていた

新たなキャラでゲームを開始した際、最初の村のマップ名が表示され続けることがあった

通信エラー発生後に再度ログインをすると、必ず通信エラーが表示されログインできない状態になっていた

住宅村の家の中で、階段に家具を配置できていた

Wii U版でGamePadプレイ時にタッチ禁止マークが初期状態で表示されていた



開発内にて確認済みの残存している不具合

5/16の 0:00~2:00の間にクリアしたクエストは、リプレイ可能になるのが5/17 6:00以降になる

戦闘中に特定条件で、サポート仲間がモンスターの座標にワープしてしまう

魔法の迷宮にて、通常フロアなのに「隠し階」と表示されてしまう場合がある
・Wii版でのみ発生する不具合です。

ボロヌス溶岩流にて、「トロル」のグラフィックが表示されない場合がある
・Wii版でのみ発生する不具合です。

上記、確認済みの不具合については、順次修正していきます。しばらくご迷惑をおかけしますが、対応をお待ちください。




 最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【バージョン1.4】は、ドラゴンクエストXのサービス開始当初から「ここを最大アップデートにする!」と開発内で目標としてきたバージョンです。
長くなりすぎるため、なるべく要約に努めたのですが、それでも過去最長の長い長いレポートとなってしまいました。
「大型アップデート情報」のまとめは毎回大変なんですが、今回はとびきり大変でした(笑)。

大筋は公開済みの「中長期的展望」の計画に従いつつ、アンケートや提案広場からいただいたご意見も参考にし、遊んでいただいているプレイヤーの皆さんが“今”望んでいる要素・機能を厚めに追加していきました。
読んで感じていただけたかと思いますが、“遊びやすさ”につながる修正は、とにかく徹底的にやり続けています。

開発方針自体は、これまで通り特定のプレイヤー層に集中するのではなく、これから始める方から1000時間以上やり込んだプレイヤーまで、ひとりで遊びたいプレイヤーからみんなで遊びたいプレイヤーまで、すべてのプレイヤーに対してまんべんなく楽しめる要素を追加しています。

ここしばらく実感されている方も多いかと思いますが、ドラゴンクエストXの世界を旅する冒険者の数は順調に増えています。
新しく冒険を始められる方も多いですが、しばらくお休みしていたけど最近になって冒険を再開した方も多いです。
今回の【バージョン1.4】より、ストーリー新章となる『神話篇』も本格始動しますので、冒険の再開を検討されている方は、このタイミングでのアストルティアに戻ってきてみてはいかがでしょうか。

また、“速報”で情報を出してから、「ひとりで遊べなくなるのでは?」とお嘆きの声が聞こえてきますが、こちらは絶対にそんなことありませんので心配いりませんよ。
「ひとりで遊べる」は、ドラゴンクエストXの大切なキーコンセプトです。
みんなで遊びたいプレイヤーの方のための追加要素は今後もありますが、それをひとりで遊びたいプレイヤーの方を否定する要素にはしませんので、ご安心いただければと思います。

さてさて、まったく新しい要素がたくさん追加された【バージョン1.4】の世界で、アストルティアを旅する冒険者の皆さんが、まだ見たことのない新たな発見やたくさんの驚きに出会えることを祈りつつ。


それでは皆さん、素晴らしい旅を!


ドラゴンクエストX ディレクター 藤澤 仁

これまでの大型アップデート情報
大型アップデート情報 バージョン1.3    (2013/3/5 実施)
大型アップデート情報 バージョン1.2   (2012/12/26 実施)
大型アップデート情報 バージョン1.1    (2012/10/9 実施)

戻る

ページトップへもどる