目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

ビギナーズラック

エイミー

[エイミー]

キャラID
: PF722-509
種 族
: ドワーフ
性 別
: 女
職 業
: レンジャー
レベル
: 110

ライブカメラ画像

2D動画 静止画

写真コンテスト

{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 

エイミーの冒険日誌

2020/01/22 21:24 テーマ:フレンド

背中を任せるということ

昨日の晩、ひさびさに野良ではない防衛軍にチャレンジしました。

年末年始、割と時間あって、防衛軍と、バトロと、スライムレース、万魔を頑張ってたんだけど、特に苦戦していたのが防衛軍。
野良でやってたんだけど、メンバーの巡り合わせはほぼ「運」。

お恥ずかしながら、自分も人から見るとマッチング相手としては褒められたものではない・・・


<絶賛脳筋中>

防衛軍をやって思ったこと。
×「いかに力を合わせるか」
○「いかに力を分散(まかせる)するか」



詳しくはわかっていないのだけど、
広いマップのいろんなところで。
それこそ見えないところで。

仲間が結界を守っていたり。
大砲ブッパしてくれていたり。
雑魚殲滅してくれていたり。

それぞれの持ち場で与えられた役割をしっかりとこなす。

「見えない」からこそ強く感じました。





自分のできなさ加減に、恥ずかしくも、くやしかったり。
でも、ダメなものはダメだってはっきり言ってくれたりする仲間がいることが緊張もするけど頼もしかったり。



中の人も、とても学ぶべきところがある一晩でした。

次はゾンビを倒したい。



心に残った言葉










ケツタイガーだ!燃やせ!

いいね! 25 件

ログインしていないため、コメントを書くことはできません。


戻る

ページトップへもどる