目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

幸福のプリンセス

フロヲラ

[フロヲラ]

キャラID
: HU974-777
種 族
: 人間
性 別
: 女
職 業
: スーパースター
レベル
: 125

ライブカメラ画像

2D動画 静止画
{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}{{ optionalYear }}
    {{ entryTitle }}  {{ charaName }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ charaName }}

フロヲラのプレイヤーイベント

2019/10/15 00:02 (2019/10/15 00:08 更新)テーマ:プレイヤーイベント告知

イベント名
【前夜祭協賛】 風物詩アフロの集い 『  正しさの伝え方  』
スケジュール
  • イベントのはじめ
  • 2019/10/23 22:30

  • イベントのおわり
  • 2019/10/23 23:30
イベント開催
場所
  • サーバー名
  • サーバー21

  • 開催場所
  • メギストリス花壇周辺
    他に何かやってる人たちがいたら、隅っこで集まります。
参加条件
  • あり
  • ● アフロの方(※1)
    ● アフロが好きな方
    ● 風物詩アフロとはどのようなものか興味がある方

    ※1
    アフロになれない種族の方は、他のボリュームのある髪型で代替してください。
    エル子は4番、エルオは1番の髪型です。
    ドワ子、オガ子の方は5番の髪型です。
イベントの内容


■今回の物語 (読み飛ばし可



 石造りの部屋だった。
 床も、壁も。狭い部屋だったが息苦しさを感じないのは、左手の壁に等間隔の窓があり、ガラスを通して夕日が差し込んでいるからだった。
 正面にしつらえられた玉座――と言ってよいものか、豪奢ではあるものの、玉座と言うには簡素な椅子に、老人が座っていた。老人は豊かな白髪をアフロにし、髭を蓄え、貴族独特の威厳を称えていた。
 老人の脇に立つのは、少年特有の幼さをようよう隠し通せるか、といった年齢の青年で、こちらもまた見事なアフロ――ただし水色――だった。
 本来なら、直接顔を見ることすらない、別世界の住人。跪いた足が震えるのがわかる。
 夕陽の明暗の中、老人が口を開いた。
「こたびはいよいよまきょうへ~~~まことにたいぎである。かのちが~~~くろうするはひっきょう。みずからのしんずるところ~~~ Afro のかごをもとめ、みずからをそうしつせんとおぼゆるときは Afro であることをそうきせよ」
(むちゃくちゃいい発音のアフロ以外何言っているのか全然わからなかった……)
「むちゃくちゃいい発音のアフロ以外何言っているのか全然わからなかったと思いますのでぼくが翻訳して伝えます……どうしました?」
 吹き出してしまったのを咳でごまかして何でもないですと答えたがどこまで通じたか。
「魔界に行くに当たってアフロにして行くと、惑わされなくて良いよって言ってます」
「それだけ……ですか?」
「大体」
「大体」
 青年とのやりとりを一段落したと見たのか、老人は再び口を開いた
「まれにみるあかぬけにしょうぞくなるはかのちになじみいたずらにさいかをまねかぬちえであろうが、~~~せいぎをしめすしょうぞくをととのえてゆくがよい。むろんせいぎはそうたいせいを~~~しょうぞくによりせいぎをきしせんめいとすることでみずからのみならず~~~もあろう」
「正義っぽいドレアして行けって。あとそのドレアダサいねって言ってます」
「……すみませんね!」
「ぼくが言ったんじゃないですよ」
 老人が片手を挙げたのを見て、青年は「以上だそうです」と言った。釈然としない気持ちのまま、礼儀に則って部屋を出ようとした時、待ってくださいと呼び止められた。振り返れば、ふたりが小声で何かを話し合っている。ときおり青年が「どういうことです?」と聞き返しているから、青年にも翻訳できない内容なのかもしれない。
 と、老人が立ち上がり、私の方に数歩近付いてくる。青年がお待ちくださいと止めるが老人は、部屋の真ん中まで歩み寄り、やがて、よく響く厳かな声で――
「わし、太ももが出てるドレア見たい」

『……知るか!』
 ぴったり重なった青年と私の声をかき消すように、時を告げる鐘が辺りに響き渡った……。

 こうして私は「普通にしゃべれるんかい!」という気持ちを抱えたまま、正義っぽいドレアを考えるべく、メギストリスに向かうのだった。
「くそー! 絶対かわいいドレアって言わせてやるー!」





バージョンアップが近づいてきましたね。
つまり、アフロにする季節がまたやって参りました。
風物詩アフロのお時間です。



■風物詩アフロとは?

バージョンアップ前にはアフロにして、来たるべき新バージョンを待つ、アストルティアの厳かな風物詩です。

アフロを見た人たちが、「ああそろそろバージョンアップなんだなぁ」と思う、季節の移り変わりを示す風流な儀式です。

詳しくは、拙日誌を見てください。
http://hiroba.dqx.jp/sc/diary/158600746010/view/4333310/



■風物詩アフロの集いとは?

せっかくなので集まって写真を撮ろうというイベントです。
ゆるく集合、ゆるく解散。
何をするわけでもありません。
街行く人にアフロをアピールすることが目的です。



今回の推奨ドレアは「正義っぽいドレア」です。
魔界に潜伏するドレアではなく、決戦の時に着て、アストルティアの誇りを示すような、正義のドレアです。
もちろん、普段の格好でも構いません。あくまで推奨ドレア、です。
いつものように、これを書いている段階ではどんなドレアにするか、自分では全く考えてません。


バージョン4最後の風物詩アフロの集い、色とりどりのアフロが咲き乱れることを期待しています!
本当にただ叫んでるだけなのでお気軽にお越しください。



■写真の公開について

このイベント撮った写真はTwitterや冒険日誌上で公開する予定です。
参加者・見学者の方も、冒険日誌、ブログやTwitterで自由にアピールしてください。

ハッシュタグ: #風物詩アフロ


見学も歓迎!
プレイヤーイベントに慣れていない方も、どしどしお越しください!
いいね! 33 件

ログインしていないため、コメントを書くことはできません。


戻る

ページトップへもどる