目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

ライブカメラ画像

2D動画3D動画静止画

3D動画利用にあたってのご注意

{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ entryTitle }}  {{ charaName }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 
  • エントリーナンバー : {{ entryNo }}
    {{ charaName }}

トピックス

mixiチェック

[アップデート] バージョン1.5(中期)情報 (2013/9/24)


ドラゴンクエストX ディレクターの藤澤です。

東京ゲームショウ2013でお話した『ドラゴンクエストX 大型アップデート【バージョン1.5】(中期)』の内容を“速報”として公開していましたが、その“完全版”をいよいよ公開いたします!

「中期」に関しては、「Windows版」や「バージョン2」など様々なバージョンと並行していた関係上、リリースまでに時間がかかってしまいました。
ですが、その分、各スタッフが総力を注ぎ込んだバージョンになっており、1バージョン中の中間アップデートとしてはありえないほど充実した内容になりました!
「後期」もあることを考えれば、それと合わせて【バージョン1.6】と言ってもよかったかなと思うほどの内容です。

なお、ここに記載した追加内容や変更・修正点は、9月26日(木)に実施するバージョンアップメンテナンス終了後に適用となりますので、ご了承ください。
※ 2013/9/26 「その他の追加・修正点」に追記しました。

もくじ

ストーリー・クエスト系の追加・修正点

バトル系の追加・修正点

システム系の追加・修正点

町にある施設の追加・修正点

住宅村の追加・修正点

アイテム・職人の追加・修正点

その他の追加・修正点

目覚めし冒険者の広場の追加・修正点

修正した不具合


ストーリー・クエスト系の追加・修正点

『神話篇』(1stシリーズ)完結に至るクエストが実装されます。

『神話篇』の物語は、「後期」になっても少しだけ続きますが、バトルを含んだ物語のクライマックスは、この「中期」に訪れます。
【バージョン1.5】のサブタイトルにもある「神話の終焉」を、ぜひ皆さん自身の目で確かめてください。


『神話編』クエスト「闇に眠りし王」のリプレイ報酬を、「ちいさなメダル」1枚から5枚に変更しました。

すでに攻略済みのプレイヤーが、まだ未攻略の人の手助けをする際のモチベーションアップになればと、リプレイ報酬をアップしました。


「つかうもの」の所持数を増やすためのクエストを追加しました。

以前に10時間放送の「ディレクターリアル夜話」のときにお約束した、「つかうもの」所持数の追加がようやく公開です。


新しい「しぐさ」が入手できるクエストを追加しました。
・指定のクエスト(カミハルムイ城・受注レベル48)をプレイする必要があります。

画像のしぐさは、「あやまる」です。
仲間やチームに迷惑かけがちの人は、ぜひ入手してください(笑)。


世界の「ふしぎ」について研究している学者が、ドルワーム水晶宮に追加されました。

こちらは、写真機を使った新たな遊びとなります。
このところ、アストルティアで「ふしぎなものや現象を見た!」というウワサが相次いでいます。
そんな「ふしぎ」を集める彼の研究に協力をしてあげてください。



バトル系の追加・修正点

新たな「強モード」のボスにチャレンジできるようになります。

おそらくみなさんご想像の通りの、ストーリー終盤に現れるアイツとアイツの強モードです。超強力チューニングがされていますので、腕自慢の冒険者の方はぜひとも挑戦してみてください。


一部の強モードボス(各大陸の、最初は列車駅が使えない町のシナリオボス)を倒したときの「オーブ」を落とす確率を上げました。

新たな転生モンスターが追加されました。

画像の「メタルホイミン」も、いよいよ「中期」より登場します!


モンスターの配置、出現数、行動パターン、獲得経験値、獲得ゴールドなどを調整しました。

盗賊の特技「おたからさがし」を実行した際に、すでに開けた赤宝箱と黒宝箱の位置も(開けたとわかる状態で)表示されるようになりました。

後から始めた友達のために「おたからさがし」を使ってあげたいケースがあると思うのですが、すでに開けてしまった宝箱の位置は表示されないため、すでに開けた宝箱も表示されるようにしました。
すでに開けた宝箱は、宝箱と同じ色の▲で表示されます。


「魔法の迷宮」に新たなボスを追加しました。

複数登場パターンだけではなく、新たなレアボスも追加されます。
また、これまでに登場していたものも含めて、「魔法の迷宮」に登場するレアボスは、ドロップアイテムを「オーブ」に変更しました。


「魔法の迷宮」の「隠し階」に、「ゴールデンスライム」が登場するようになりました。


「魔法の迷宮」突入時のフリーコメント表示に、自分のキャラクターのフリーコメントも表示されるようになりました。

「魔法の迷宮」で人のフリーコメントは見られますが、自分のコメントを確認する機会がゲーム中になかなかなかったので、自キャラのフリーコメントも同時に表示するようにしました。


ミネアからもらえる「運命のカード」に、「ドラゴンガイアカード」と「バラモスのカード」を追加しました。

TGS2013で初公開となった魔王「バラモス」は、「中期」の間はカードのみでの登場となります。「後期」からはコインとしても出る予定です。


コインやカードで戦えるボスと、サポート仲間を連れた状態でもオートマッチングなしで戦えるようになりました。
・レンドア北にいる、モコモコじゅうの「ドロシー」にコインやカードを渡すことで、オートマッチングなしで「魔法の迷宮」に入れます。

基本シングルプレイ、あるいは、いつも決まった友達と2人(あるいは3人)固定で遊んでいる、というプレイヤーはかなり多いので、そういうプレイヤーが自分たちのスタイルのままコインやカードボスと戦いやすくするための機能として、こちらを追加しました。
改めてドラゴンクエストXは、シングルプレイ、あるいは固定の友達と遊んでいる人にとって遊びやすいオンラインゲームであることを目指しています。


「強モードボス」の討伐タイムを競い合う、「討伐タイムランキング」の機能が追加されます。
・各町の酒場に設置された「ワールドおしらせ板」から、討伐済「強モードボス」の「討伐タイムランキング」を確認できるようになります。

ランキングに掲載されると専用の称号をもらえますが、基本的には「載った!」という名誉のみのものとしています。



システム系の追加・修正点

「パーティ同盟」を組む際に、4人パーティになるためのオートマッチングもできるようになりました。

パーティ同盟を組むにあたって他のプレイヤーのパーティに入りたいという人のために、その場で4人パーティになるためのオートマッチングをしてからパーティ同盟を組めるようにしました。


フレンドと同じように、ログアウト中の相手も「チーム」に誘えるようになりました。
・「さくせん」>「チーム」に「さそいをとりけす」のコマンドも追加しました。

チームクエストで出現するお題の内、キラキラを拾うお題の目標数を少なくしました。

チームクエスト一覧画面でクリア報告をおこなったクエストは「クリア!」と表示されていましたが、「報告済み」に変更しました。


「さくせん」>「サポートなかま」から、サポート仲間の参加/待機の状態と作戦内容を、全員一度に変更できるようになりました。


「アタマ」と「顔アクセ」装備の(表示/非表示)の設定を、「そうび」コマンドから行えるようになりました。

「さくせん」>「キャラ設定」の「装備表示設定」は削除しました。


チームユニフォームの頭部分を非表示にできるようになりました。

チームユニフォームの頭部分を非表示にした上で、アタマ装備を表示することができます。
これで、チームユニフォームを着たまま「おにごっこキャップ」を使うことができるようになりました。


仲間に誘われた際に、パーティリーダーと「目的」を合わせるかの確認を削除しました。

ボス戦前、対戦するかしないかの選択時にBボタンを押してもボス部屋に移動していましたが、Bボタンの場合は移動しないようになりました。

「ついていく」に許可設定をいれました。
・「許可しない」にしていれば、「ついていく」をすることができなくなります。
・「さくせん」>「キャラ設定」>「ついていく許可設定」から設定を行えます。
・すでについてきているキャラに対しては、キャンセルはされません。

こちらも、以前の「ディレクターリアル夜話」で皆さんからご意見をいただきながら実装した機能です。


モンスターに「しらべる」した際、系統も表示されるようになりました。


はなすコマンド「通報する」を、2ページ目に移動しました。
・1ページ目のコマンド数に関わらず、必ず2ページ目に表示されます。

特に誤爆したくないコマンドであるため、誤爆しづらくするための処置として対応しました。
「通報する」自体は、現在のアストルティアの治安改善のために非常に役立っていますので、今後もRMT業者や自動狩りと思われるプレイヤーを発見した際には、皆さんの「通報」のご協力をお願いいたします。


「はなす」コマンド内に「チャットする」を追加しました。
・「だれに」の部分が最初から設定されている状態で、チャット入力ウィンドウが開きます。

借り物クエストや日替わり討伐の依頼内容売買などのために、「まわりに」チャットでも「だれに」の部分を指定する頻度が上がっていることから、「だれに」の部分を最初から入った状態にできる手段としてこの機能を追加しました。


パーティメンバーがルーラストーンを使用した際、目的地に到着前にふきだしに行き先が表示されるようになりました。


「ログイン通知設定」を「ログイン状況表示設定」という名称に変更しました。

「ログイン通知設定」という言葉が、ログインした際にフレンドにログインしたことが通知される機能と混同しやすいということから名称を変更しました。


「ログイン状況表示設定」(旧ログイン通知設定)で「ログイン通知しない」を設定していた場合、コミュニケーションウィンドウの表示で「非通知設定中」と表示されていましたが、「(非表示)」と表示されるようになりました。


町にある施設の追加・修正点

「ガケっぷち村跡」の近く、光の河のほころび周辺に「預かり所」と「ダーマの神殿 出張所」が追加されました。

パーティ同盟を組む際に、転職やアイテムの出し入れが必要になるケースが多かったので、その場に施設を設置しました。


「アクセサリー合成屋」に、新たな機能を追加しました。
・指定の合成効果を削除できるようになりました。
・合成済みアクセサリーも合成素材にできるようになりました。この場合、合成素材としたアクセサリーに付いていた合成効果は消滅します。

画像は冗談ですが(笑)、リーネさん自身もイメージチェンジしました。施設NPCとしては、DQ10史上初のモデルチェンジとなります。
合成効果を削除できるようになったことで、より強いアクセサリーを作っていくための可能性が大きく広がったので、今後もアクセサリー合成を楽しんでいただければと思います。


「酒場」でサポート仲間を探す際、武器種に指定できる条件がその職業で装備できる武器種だけになりました。

自分のサポート仲間枠に空きがある場合は、4人パーティの状態でも「酒場」でサポート仲間を仲間にすることができるようになりました。

「酒場」でサポート仲間と別れる選択の際、サポート仲間が「参加中」か「待機中」かが表示されるようになりました。


「旅人バザー」で装備品を探す時、「+1のみ」、「+2のみ」、「★のみ」、「★★のみ」、「★なし」を、指定して検索できるようになりました。

ずいぶん以前からご要望をいただいていた機能ですが、ようやく実現できました。


道具鍛治ギルドの「素材屋」で「ようせいの粉」が売られるようになりました。


住宅村の追加・修正点

庭具に「郵便ポスト」が追加されました。
・配置すると、庭で手紙や荷物を受け取れるようになります。
・ポストに直接手紙と荷物をいれることもできます。
・庭具屋で購入できます。

ご近所の人同士でお裾分けをしたり、みたいな使い方もできるようになります。


ハウジングの「収納家具」「屋根ウラ収納」の操作方法が、「預かり所」と同じになりました。

「きせかえドール」の操作方法を改善しました。
・「一発チェンジ」する際、アクセサリーも同時に交換するかの選択が可能になりました。
・きせかえドールに新品の装備品がある場合は、「一発チェンジ」できないようになりました。
・自分の現在の装備状況が変わる場合には、確認メッセージが入るようになりました。
・複数部位の着替えに対応しました。

家に出入り権限のある人なら、家の看板メニューから「お招きのつばさ」が買えるようになりました。


「モーモンバザー」で、すでに覚えたしぐさ書を買おうとした場合や自分とは違う職人のレシピを買おうとした場合に確認メッセージがでるようになりました。

ハウジングの家具の「おもちゃの池」や「おもちゃの池・雪」がラグ同士を重ねる時の高さ調整ができるようになりました。

「おもいで映写機」で、クリア済みの「期間限定クエスト」のイベントも見られるようになりました。


アイテム・職人の追加・修正点

一部の装備アイテムからの「汗と涙の結晶」の取りだせる数を調整しました。

量を増やす方向の調整をしています。


「せんれき」の「職人レシピブック」で、レシピのカテゴリ分けを行いました。


ランプ錬金、もしくはツボ錬金の職人ギルドマスターの依頼で、装備品を納品する際に、装備品の錬金効果の詳細情報が表示されるようになりました。

錬金の場合は、アイテム名だけではどの錬金効果が付いているかがわからないため、職人の仕事の依頼の納品時に意図しないアイテムを納品してしまわないように、予防策として機能を追加しました。


「打ち上げ花火赤」・「打ち上げ花火青」・「打ち上げ花火緑」の店売り価格を0Gから10Gに変更しました。

ランプ錬金とツボ錬金の「スペシャル依頼」で、納品するのに必要な錬金効果を、「上級錬金の成功」から「中級錬金の大成功」に変更しました。


その他の追加・修正点

キーボードで以下の操作が可能になりました。
・テンキー7、テンキー9で、キャラクターの回転操作
※「NumLock」がOFFの時に操作可能です。

ログインメニューの「特典プレゼントを受け取る」で受け取れる特典があると黄色で表示されるようになりました。(9/26追記)



目覚めし冒険者の広場の追加・修正点

「マイページ」トップのキャラクター画像が、拡大ボタンを押すと3Dで表示されるようになりました。
・バージョンアップ後に画像更新ボタンを押して画像更新することで3D表示となります。


マイページの「つよさ」ページのとくぎ欄に、覚えている「ひっさつ」のとくぎが表示されるようになりました。

「チーム」のページから、チームクエストの進行状況が確認できるようになりました。

「マイページ」の設定方法と画面のレイアウトが変更となります。
・冒険日誌内の写真は、その日誌と同じ公開範囲で公開されます。ただし、冒険者の広場にログインしていないユーザーには表示されません。

ログイン時に表示される「キャラクター選択画面」で、そのアカウントの利用券購入期間の累計が確認できるようになりました。
・「プレイ継続特典」の条件を満たしているかどうかの確認などにご利用ください。


修正した不具合

各種テキスト系の不具合

各種モーション、エフェクト系の不具合

一部のモンスターの行動に関する不具合

聖女の守りの効果でHP1で生き残った場合に、発生しないはずの必殺チャージが発生する

スキル「クモノ」「バナナトラップ」に連続でかかってしまう

戦闘開始時の先制攻撃で発生する動けない時間が短い

モンスターの使用するメガザル・メガザルダンスで、生きているモンスターへのHP回復が行われていない

「パラディンの証」の効果、「モンスターゾーン」の効果などでマヒさせた状態の敵に、短剣のスキル「タナトスハント」をした際のダメージがアップしていない

「魔法の迷宮」から戻る際、パーティが解散されてしまう場合がある

「カラーリング屋」で「元に戻す」にカーソルを合わせた際、必要なゴールド(100G)が表示されない

錬金の依頼をした時にエラーが発生した場合、錬金職人に対してゴールドが支払われているのに、錬金効果が何も付与されていない場合がある

ルーラストーンに住宅村の家を登録している際、「の家」としか表示されない場合がある

列車の一部の区間で、イベントスキップしても到着のイベントがスキップされていない

アイテムやクエストのリストなどで、正しく並び替えされない

「冒険者の酒場」でサポート仲間のつよさを見る際、盾スキルの特技が表示されていない


 終わりに

【バージョン1.5】「中期」の内容は、以上となります。

「前期」の大型アップデート情報の末文にも書いたことですが、ゲームの動作安定性を向上させるというのもオンラインゲームを開発していく上での非常に大切な要素であるため「バージョンの中間では機能追加はしない」という開発方針としています。ですが、今回はバージョン間隔が空いてしまったこともあり、多くの新機能・新要素の追加を実施しました。(その分、開発スタッフには多大な苦労をかけました。みんなお疲れさま)

大型アップデート情報として、すべての項目を並べて書くと、それぞれのコンテンツの重みが伝わりづらいと思いますが、やはり「中期」の大きな目玉は、「神話篇」がクライマックスを迎えることとディレクターとしては感じています。
すべてのプレイヤーがいきなり臨むことができるコンテンツではないかもしれませんが、ここまで“強くなりたい”ということをモチベーションとしてキャラクターを育ててきたプレイヤーの方は、ぜひ皆さんのチカラで、大切なアストルティアを救ってください。

なお、「後期」のリリースは、「中期」リリースのおよそ1ヶ月後の “10月の下旬” を予定しています。
なんといっても、初のプレイヤー同士でバトルができる「コロシアム」がプレオープンされますので、こちらもぜひ楽しみにお待ちください。

また、ご報告が最後になりましたが、「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」が、日本ゲーム大賞にて「優秀賞」をいただきました!

・「日本ゲーム大賞」優秀賞
http://awards.cesa.or.jp/index.html

こちらは「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の時にもいただいた賞なのですが、今回は遊んでくれているプレイヤーの皆さんにとらせてもらえた賞だなという感覚が強く、改めて感謝しています。

と、そんな感じで1年過ぎても色々ある「ドラゴンクエストX」ですが、東京ゲームショウ2013でも宣言した通り、ここから年末の「バージョン2」の発売に向けて、“一気に”、“畳みかけるように”、まくっていきたいと思いますので、ぜひ今後の展開にご注目ください!


さて今回の【バージョン1.5】「中期」の世界でも、アストルティアを旅する冒険者の皆さんが、まだ見たことのない新たな発見やたくさんの驚きに出会えることを祈りつつ。


それでは皆さん、素晴らしい旅を!

ドラゴンクエストX ディレクター 藤澤 仁


これまでの大型アップデート情報
大型アップデート情報 バージョン1.5(前期)    (2013/7/25 実施)
大型アップデート情報 バージョン1.4    (2013/5/16 実施)
大型アップデート情報 バージョン1.3    (2013/3/5 実施)
大型アップデート情報 バージョン1.2    (2012/12/26 実施)
大型アップデート情報 バージョン1.1    (2012/10/9 実施)

戻る

ページトップへもどる