目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストXプレイヤー専用サイト

ライブカメラ画像

2D動画3D動画静止画

3D動画利用にあたってのご注意

写真コンテスト

{{ photoImg }}
さつえい日  :  {{ photoDate }}
さつえい場所  :  {{ photoZone }} ({{ photoWorld }})
{{ photoImg }}
{{ photoImg }}
{{ entryTitle }}
{{ mangaImg1 }}
{{ mangaText1 }} 
{{ mangaImg2 }}
{{mangaText2 }} 
{{ mangaImg3 }}
{{ mangaText3 }} 
{{ mangaImg4 }}
{{ mangaText4 }} 

トピックス

mixiチェック

開発・運営だより -第29号- (2015/2/19)



みなさん こんにちは
ドラゴンクエストX ディレクターのりっきーです。

今回の『開発・運営だより』ではリーリナの2.4[後期]速報やDQXTVで公開した情報にチョコっと補足しつつ一部開発ウラ話的なノリで行きたいと思います。


まずは プロデューサーの齊藤さんからDQXショップの「フリーパスアイテム」についてのお話を。
続いて4月末に発売予定の「バージョン3」をむかえるにあたって 皆さんに準備をしておいてほしい事を僕の方からお話しさせていたきます。
最後にテクニカルディレクターの青山さんから「旅人バザー」「10連ふくびき」開発ウラ話をしていただきます。



 DQXショップの「フリーパスアイテム」


みなさんこんにちは! プロデューサーの齊藤です。

DQXショップを利用いただいている方から、「フリーパスアイテム」についての要望をいただく事も多くなってきたのでこの場を借りてお話をさせてください。

DQXショップに「フリーパスアイテム」が登場したのは、昨年の2014年11月「ウィッチコートセット」が初です。『もっとドレスアップの楽しさをお伝えできれば…!』という願いを込めて【フリーパス】というカタチのアイテムを作りました。



初のフリーパスアイテム「ウィッチコートセット」


「フリーパスアイテム」は、プレイガイドやDQXショップの説明にもありますが、『一度購入すると、何度でも同じアイテムをDQXショップから、再入手できるようになる』というものです。

「みんなのドレスアップ」や冒険日誌を眺めていると、「どんな職業でも、お気に入りのコーデにドレスアップして冒険したい!」「レベルが上がって装備を替えても同じ見た目がいい!」という風にドレスアップを楽しんでいる方がかなり増えてきたと実感しています。
「フリーパスアイテム」について種類を増やしてほしいといった意見も以前からいただいていたので、今後はできる限り「フリーパスアイテム」に対応したアイテムを増やしていく予定です。

次回の更新は3月予定ですが、『新作おしゃれ装備セット』と『プライベートコンシェルジュ衣装の新作』をフリーパスアイテムとして準備中です!
(どちらも良い出来ですので、ご期待ください。画像は…次回のDQXTVでおひろめしたいと思ってます。)

補足になりますが、プライベートコンシェルジュ(プラコン)衣装に関しても一言。
販売した当初はあくまで「贈り物(ギフト)とした位置づけで、プレゼントしたら使い切り」の仕様でした。
しかし、「雇い直しなどによって、失われてしまうのは忍びない」とのご提案を本当にたくさんの方からいただきました。皆さんのプラコンへの想いの深さもあり、仕様についてあらためて検討した結果、今後の新作に関しては「フリーパスアイテム」として出していきます。

なお、過去に販売したセットアイテムについても、フリーパスアイテムとして再販するご要望をいただいております。新作として発売されてから十分な期間が経過したら、再販する方向で検討しています。
フリーパス化までに十分な期間を取るべきとしたのは、既に複数個ご購入いただいた方を配慮した結果ですので、何卒ご了承ください。

それでは、「フリーパスアイテム」で楽しいドレスアップ生活をお過ごしください!

おっと、この子も忘れずに!



齊藤さん ありがとうございます。
プラコンについては「衣装」に「さまざまな口調」や「身支度などの行動」が加わり アストルティアでの新しい遊びになったと思っています。冒険者の皆さんから DQXショップについてのご提案もお待ちしていますので 「提案広場」 まで よろしくお願いします。

 「バージョン3」の新ストーリーを早く遊ぶための事前準備


速報でもご紹介しましたが 2.4[後期]でアストルティア各地のクエストが遊びやすくなります。
これは 4月に発売予定のバージョン3「いにしえの竜の伝承」に備えての仕様変更の一つです。

バージョン3は「眠れる勇者と導きの盟友(バージョン2)」と同様 メインのストーリー部分としては
“続きの物語”となります。

加えて バージョン3の物語として「目覚めし五つの種族(バージョン1)」期間に追加で配信されたクエストで一部どうしても プレイしていただかなくてはならないものがあります。

そちらは 2.4[後期]から クエストスタンプカード上で光り輝くようになりますので アリオス王のガイドに従って進めていただければと思います。どのクエストが対象となるかは この場でも詳しくお伝えしておきます。

「バージョン3」の新ストーリーを早く遊ぶための前提条件

   ・アストルティア各地のキーエンブレムを10個すべて取得している
   ・バージョン2「眠れる勇者と導きの盟友」のメインストーリーをすべてクリアしている
   ・下記に挙げたクエストをクリアしている

対象となるクエスト一覧

地域クエストNoストーリー名話数クエスト名
ランガーオ村No.194ランガーオ村の王者第1話雪山の捜索
No.195第2話村の聖地
No.196第3話村王の決意
No.197第4話戦いの呪縛
No.198第5話死神の審判
ヴェリナード城No.018王家の本であります!
No.247それは誰がために第1話唄う王子
No.248第2話王子の挑戦
No.249第3話第四の詩歌
No.250第4話瀑布の女王
No.251第5話そのために生きた
ツスクルの村No.189遠い約束第1話求めるは仙者の霊薬
No.190第2話結成! 若葉の探検隊!
No.191第3話亡霊の声
No.192第4話秘められた想い
No.193第5話永遠の誓い
風の町アズランNo.115人形たちのラグナロク第1話ニーベルの指輪を探せ!
No.116第2話ヴァルハラの戦士たち
No.117第3話復活の三賢人
No.118第4話ニブルヘイム・サガ
No.119第5話神々の黄昏
メギストリス城No.232栄光に隠された闇第1話王子の見た悪夢
No.233第2話亡霊は眠らない
No.234第3話英雄の足跡
No.235第4話消えない恨み
No.236第5話500年の復讐
岳都ガタラNo.087動き出した時間第1話いにしえの皇子
No.088第2話憎しみは時を超えて
No.089第3話カルサドラの赤き計略
No.090第4話終わりを告げる者
No.091第5話託された希望
ドルワーム王国No.252ある孤児が見た空第1話若き院長の悩み
No.253第2話伝説の聖具
No.254第3話聖女の祈り
No.255第4話天魔復活
No.256第5話生きる価値


次に 2.4[後期]速報として公開して話題になっていた「旅人バザーの統一」「10連ふくびき」について どのあたりが開発するうえで苦労していたのか開発していく中での話をテクニカルディレクターの青山さんから伝えてもらいます。


 2.4[後期]で大きく変わる「旅人バザー」「10連ふくびき」


旅人バザー大陸統一


こんにちは、テクニカルディレクターの青山です。

DQXTVで「値段をつけ直す」機能で負荷を軽くしたと紹介がありましたが、少し補足しますね。ゲームプレイには影響が無いウラ話ですので興味の無い方はスルーしていただいて大丈夫です。

まず、大陸統一でどこが問題になるのか、ですが、いくつかありますが「出品数の計算」も大きな問題になることがわかりました。出品数というのは、旅人バザーのメニューを開くと、カテゴリ別、アイテム別に何品出品されているかが数字で見えるアレですね。


実は出品数の計算と言っても、あのメニューを開く度に本当に出品された数を毎回最初から数えていると負荷が非常に高くなってしまいますので、それぞれの出品数を覚えておくようにして、出品時に +1 、取り下げ時と購入時に -1 するという最適化は、最初から入っていましたので、その回数を増減させる計算ということになります。これはアイテム毎に黒板が用意されて、そこに出品数が書いてある状態をイメージしていただければわかりやすいかも知れません。


この黒板に対して、出品担当者は数値を +1 し、取り下げ担当者と購入担当者は -1 する、ということが行われています。ここでもし、ほぼ同時に、出品担当者と取り下げ担当者が作業しようとしたらどうなるでしょう。例えば 100 と書いてあるところから同時に書こうとすると、出品担当者は 101 を書きたいし、取り下げ担当者は 99 を書きたいという状況になります。もしどちらかがまともに書けたとしても、二人が去った後には 101 か 99 が残るでしょう。しかし本来は出品と取り下げが1回ずつなら 100 のまま変わらないようにしないといけません。これでは不具合です。
そこでもう一人役者が必要で、その人は、出品担当者や取り下げ担当者を整列させて、計算と書き込みをひとつずつ順番に行ってもらいます。


今回旅人バザー統一の調査で、この整列させる処理が非常に高負荷であるとの報告を、担当スタッフから受けました。オーグリード大陸の出品回数は全体の85%を占めているので統一しても6倍になるわけではありませんが、15%は増えてしまいますので、これがかなり厳しいという結論です。

そこでりっきーDや安西チーフプランナーに相談して、旅人バザー統合と同時に「値段をつけ直す」機能を入れてもらうことにしました。

もうピンと来ている方もいらっしゃるかと思いますが、値段をつけ直すだけなら、出品数は変わりません。ですのでそもそも増やす必要も減らす必要もなくなるので、チョークを持って黒板の前に並ぶ必要もなくなります。これで目処がようやく立ったというわけです。(皆さん使ってくださいね!)

この統一実現のために技術スタッフはもちろんデータベース増強からずっとがんばってくれましたが、突然の仕様変更に対応してくれたプランナーやグラフィックデザイナーを含めた担当スタッフ皆に感謝です。

10連ふくびき

こちらもウラ話を少し。

単純に10倍高速に引くようにするだけなら比較的簡単に作れたと思いますが、それですとサーバー負荷も10倍になってしまいますので採用できませんでした。しかし10枚分をまとめて1回で引くなら回数のペースは変わりませんので、りっきーDと相談してそちらで進めることになったのですが、今度は「選択式の景品」「持ち物がいっぱいだった場合」への対応など開発作業が大変になりました。ここは担当プランナーを中心に開発スタッフがかなりがんばってくれて、非常に良い形になったと思います。


技術的にはもう一つ、担当プログラマーが「ズルバッファ」と呼んでいるものの対応も必要でした。
ズルは不正、バッファは専門用語で一時的な記憶場所の意味ですが、具体的には「ふくびきを引いてどこで何等が当たったかを書いておくズル防止用の黒板」みたいなものです。
例えば8等が当たったことが不満で回線を抜くようなズルをしても、冒険者の皆さんがそれを見る前に黒板に8等と書いておいて、何度ズルを繰り返してやりなおしても8等しか当たらないようにできています。もちろんまほうの小ビンを受け取ればその黒板の文字も消されるので、その次のふくびきではきちんと抽選が行われます。

更にその黒板にはどこで引いたかも書かれているので、例えばジュレットの町で一等が当たったのに運悪くエラーでログアウトしてしまった後に、気分を変えてグレン城下町で引いても、最初の結果は一等で「お好きなしぐさ書ひとつ」の選択になります。この観点ですとズル防止というよりは救済用ですね。
実はこのズルバッファの存在はずっと内緒にしていたのですが、10連ふくびき実装のためにズルバッファを拡張して、前回引いたふくびき景品を一部でも受け取っていない場合の処理を追加しましたので、このタイミングで情報公開させていただきました。まあバレバレだったかも知れませんが(汗

念のために書いておきますが、私たちが間違えて不正と判断してしまうかも知れませんので、回線抜きなどして試さないようにしてくださいね。あ、あと、ズルバッファは不正防止&救済用であって、決して私が不正をするためのバッファではありませんヨ!

最後に一言

技術的に難しいことを各担当スタッフの創意工夫で乗り越えてきていることが伝っていると嬉しいのですが、これら創意工夫のアイデアはそのコンテンツ担当者はもちろんですが、別のコンテンツを主に担当しているスタッフからも色々と出ていて、それらも含めて日々検討して実現できているのがドラゴンクエストX開発運営チームの良い所だなと思います。

更に冒険者の皆さまのからの提案広場への提案も、回答できていないものも含めて、そのまま改善に繋がることもありますし、提案そのままの形では困難でも創意工夫のヒントになることもあります。

こうして文章にすると改めて、多くの皆さんと一緒に作り上げているドラゴンクエストXであることを実感します。今後ともよろしくお願いいたします。

…と書きつつもですね、実はまだ作業が残っているところもあり、ドヤ顔で「できました!」というには少々気が早いのですが、2.4[後期]を冒険者の皆さんに遊んでもらうのを楽しみにスタッフ一同がんばっています。


 おわりに

アストルティアでは ちょうどバレンタインイベントが終わったところですね。
皆さんが投票した キャラクターはどんな結果だったでしょうか。

結果については意外!と思った人や
自分の予想と同じ!という人もいる感じでしょうか?
というわけで 投票の舞台ウラについて 皆さん気になっていると思うので公開したいと思います。
こちらは初日から最終日までのランキングの推移です。


票の累計グラフ


チョコっと目線を変えて 1日ごとに集計した投票数で順位をつけると このようになります
その日誰に票が集まったのか はやりが見えるかと思います。


その日1日の人気ランキング


僕個人としては まさか彼女が一位になるとは思っていなかったので 結果には正直驚きました(笑)
でもイベントで手にいれた さまざまなキャラクターの像を使って配置を工夫したり 冒険日誌などでも楽しんでいる方がたくさんいて にぎやかに楽しんでいただけたようで よかったです。

……

さて 開発の方は 現在2.4[後期]の追い込み中です。
新しいコンテンツの「知の祝祭」の最終チェックも昨日終わりました。
「知の祝祭」開催の時刻ついては 「もう少し遅い時間の方がプレイしやすい」というご意見をいただいたので サーバーの負荷状況を見た上で 可能な限り調整をしてみる予定です。

「夢現篇」や「大盗賊カンダタ」のストーリーも これからクライマックスを迎えます!
皆さんに楽しんでいただけるよう スタッフ総出で頑張っていますのでお楽しみに!


それでは皆さん 素晴らしい旅を!



2015/2/19 ドラゴンクエストX ディレクター 齋藤 力



バックナンバー(※クリックで一覧を表示)

閉じる

戻る

ページトップへもどる